お役立ち情報サイト ”のぶログ”

親子2代 小児喘息 完治 体験記 (5/5)

      2016/05/02

前回まで、父親である私の喘息との闘いと娘の幼稚園への入園までをお伝えしました。

親子2代 小児喘息 完治体験記もいよいよ最終回です。

喘息を発症した娘が、幼稚園に入園するまでをVo.4でお伝えしましたが、入園してからのことを私たちが注意したことを含めてお伝えします。

入園後も、ネブライザーを使いながら、何とか以前の入院状態にならないようにしていました。

スポンサーリンク

お泊り保育お準備

年中さんになると、幼稚園にみんなで一泊する”お泊り保育”がありました。

私たちは、何とか参加させたくて、幼稚園の先生と事前に相談し、寝る前のネブライザーの実施と、もしもの時の連絡先も決めておきました。

ネブライザーは職員室で、寝る前に実施してもらえるようにして、他の子供たちには見せないようにもしてもらいました。

おかげさまで、その晩、喘息の発作は起こりませんでした。

そして2度目の入院

年長さんの時に、引っ越しをしました。

今度は、6階建てのマンションの3階で、乾燥した環境に変えることができました。

しかし、引っ越して数か月して、兄弟が二人して、体調を崩してしまい、下の子供に気を取られたいた間に、お姉ちゃんが、喘息の発作を起こしてしまいました。

その時の発作は、ネブライザーでは治まり切れないほどの咳と、ラッセルに襲われ、即病院の時間外診療を受けました。

結果は、

即入院!

そこから、2週間入院が続きました。

退院後、風邪ひきに注意するとともに、空気清浄器も1年を通して稼働させました。
しかし、この空気清浄器というのは、厄介なものです。

一度スイッチを入れると、部屋の空気が汚れるのではないかと、「スイッチを切ることができなく」なります。

どれほどの効果があったのかはわかりませんが、今はもう使っていません。

小学校時代

小学校に入学してからは、喘息の症状は、徐々に改善しているものの、一進一退。

 

風邪をひくと、父親と同じで喘息を引きづっていました。

小学校3年生の時に、喘息も呼吸器を鍛えると良いといわれて、水泳を始めました。

確かいに、娘の場合は、水泳で、喘息が改善されるのですが、後で聞くと喘息の場合は、プールの消毒剤のカルキが気管支を刺激し、発作につながることもあるので、注意する必要があるといわれました。

小学校高学年のころには、喘息の発作はほとんど出ないまでに改善しました。

スポンサーリンク

中学、高校時代

小学校高学年からは、急激に喘息に関しては、改善が見られました。お医者さんや本でも、小学校高学年に症状が減少するといわれていた通りの結果でした。 中学、高校と娘は部活もやり、大学生になっています。

 

◆まとめ◆

親子2代にわたる喘息の体験をお伝えしました。

私たち親子の喘息の原因は、やはり ハウスダスト

でした。

あなたが、これから赤ちゃんを育てる、もしくは今子育て中の場合は、私の経験から次のことに注意することが必要と思います。

  • 赤ちゃんの時から、できるだけハウスダストのない環境を確保する。(絨毯や床のラグぐらいと思われるかもしれませんが、絶対にやめましょう)
  • 赤ちゃんの肌が乾燥しないようにもしましょう。肌が乾燥すると、そこからアレルゲンを吸収してしまいます。こまめにベビーローションなどで、赤ちゃんの間肌を潤った状況にしてあげましょう。
  • 赤ちゃんの喘息の症状は急変することを頭に置いておきましょう。

以上を徹底的にするだけで、私は小児喘息(気管支喘息)の症状を軽くすることができると思います。

最後にもう一つ、これはどこの説明書きにも書かれていませんが、実体験からです。

喘息の子供へ家庭で、ネブライザーを使用しますが、そのときに、ネブライザーの説明書には、ネブライザーのマウスピースを”軽く咥(くわ)えてください”と書かれています。しかし、実際子供は、ネブライザーを加えながら遊びます。

そのことから、歯でしっかりと噛んで加えます。その結果何が起こるかわかりますか?

前歯が出てしまいます。これは事実です。毎日毎日、歯茎がしっかりしない時期にマウスピースを咥えるのですから致し方ありません。
そのことを前もって知っておいてください。

私の娘はその後、歯列矯正をすることとなりました。

さて、以上で私の親子2代にわたる喘息完治体験記はおわりになります。

このブログを読んで少しでも参考になってくれれば、うれしいです。

今しんどいかもしれませんが、小児喘息は、確実に成人になると、完治あるは、完治近くまでは行くことができます。

喘息は医者さんに行く頻度が高く医療費がかさみます。是非かかりつけのお医者さんに相談して、助成制度が適用できるか確認することも忘れないで下さいね。

(参考記事)
父親編 VOL.1 VOL.2 VOL.3
娘 編 VOL.4 VOL.5(上に戻る)

 

スポンサーリンク

 

 - アレルギー, 小児喘息