お役立ち情報サイト ”のぶログ”

ついに有人ドローン! SFの世界が現実に!ドローンタクシーって何?

   

こんな大きなドローンが縦横無尽に飛び回るのもそう遠くはないかも。

アメリカのネバダ自律システム研究所(NIAS)は、
中国のドローン・メーカーであるEHang社に対し、
乗客を乗せることができるドローン「Ehang 184」
のテスト飛行の許可を2016年6月に発行した。

このようなドローンのテストが米国で行われるのは初めて。

スポンサーリンク

Ehang 184

この計画に対しNIASは、基本的な離着陸許可に加え、
1人乗りの全自動飛行機が安全に飛行できることを
連邦航空局(FAA)に証明する基準を設けることになっている。

そして、その飛行の様子は、次の動画を見てほしい。
制作現場から、テスト飛行の動画まである。


しかし、この動画は作成が2016年1月である?

賢明なあなたならもう気づいていますよね?!
飛行許可が出る前の動画です。

そして、よく見ると機体に乗り込むパイロットは、
確認できますが、飛行中にパイロットが乗っている
画像は出てきません。

売り文句は、カジノまで一っ飛び!
ドローンタクシーも見えてきたと言っているが‥‥

実現されているのかが疑問が残る動画だ。

volocopter

次に、
ドイツの「volocopter」だ。

このvolocopterの動画を見てみよう。

今度は、機内カメラからの画像が出ている。
信憑性は高い。

ここで、一つ疑問がわかないだろうか?

スポンサーリンク

ヘリコプターと有人ドローン何が違うのか?

多くの人がそう思うだろう。

この違いには、大きく3つある。

1.ドローンは操縦が簡単

ヘリコプターは、操縦訓練に何か月も必要とする。
また、事故の可能性も大きい。

それに対して、ドローンは、操縦が簡単である。
極論をすると、スマホでもできるわけだ。
volocopterの動画でも、パイロットは、
右手の動きだけで操縦しているのが
わかる。

2.電気で作動させるからガスを排出しない。

ヘリコプターのように、エンジンを搭載
していない。
ヘリコプター程の速度は出せないが、
電気モーターで動くことで、排ガスを
出さない。
自然に優しい。
使う場所を選ばない。

3.モータで動くことから静か。

ローターが小さいこと、
モーターでうごくことから、
ヘリコプターと比べて騒音が小さい。

その結果、住宅地でも飛ばせる。

これから、ますます開発が進むことだろう。

最後に、ドローンタクシーについて
見てみましょう。

ドローンタクシーって何?

まずは、この画像を見てほしい。
三和交通(株)が実際に公開している画像だ!!

ドローンにつかまって、
ベルトを締めて、
ボタンを押すと目的地まで行くというもの。
利用方法は、このホームページで判る。
三和交通 ドローンタクシー
日本が、先駆けて世界に発信している驚くべき
サービスだ!
Amazonの宅配よりも早い?

しかし、よーくこのhpを見ると、
情報発信が4月1日(エープリルフール)でした!

まとめ

ドローンタクシーは、ジョークでしたが、
近い未来、どんな形かはわからないが、
ドローンが、空を飛び回る日が来ること
だけは、確かなようだ。

スポンサーリンク

 a

 - ドローン