お役立ち情報サイト ”のぶログ”

顔汗の原因は、○○不足!これならできる!防止方法徹底研究。

   

季節を問わず、「汗」が止まらない!

官能的な, 行為, Aktfoto, 皮膚, ドロップ水の, 部分の行為, 人間

しかも、顔からの汗はベタベタ、少し臭いも・・

汗をかかないように、いろいろ試したけれど・・・
というあなた。

原因を再確認する必要ありませんか?

スポンサーリンク

顔汗の原因

顔汗に悩んでいるあなたは、既に知っていると思いますが、
汗は、二つの汗腺から分泌されます。

エクリン腺

体の汗のほとんどは、このエクリン腺から出るものです。

エクリン腺はほぼ全身の肌に存在している汗腺で、
頭や顔、背中などに多くあります。

エクリン汗は酸性ですが99%が水からできています。
水分以外の成分は塩分がほとんどで、一部カリウムなどが含まれます。

アポクリン腺

アポクリン腺は脇の下や耳、乳輪や陰部に存在する汗腺です。

アポクリン腺から出る汗はアポクリン汗と呼び、毛穴から排出されています。

アポクリン汗はアルカリ性で、70%~80%は水分ですが、
脂質やタンパク質などを多く含み乳白色の分泌物です。

この分泌物は皮膚の常在細菌の作用で分解して、
臭いを発することにより、社会的、性的な結びつきをつくる
フェロモンとして機能しています。

しかし、その匂いが強く出る場合は、いわゆるワキガなどの
嫌な臭いとなりますが、これはアポクリン汗が原因です。

つまり2つの汗腺から流れる汗は性質が大きく違います。

汗対策を考える場合は、なんとかしたい汗がどちらなのかを
見極めることが重要です。

それでは、顔汗はどちらでしょうか?

顔汗は、エクリン腺のところでも触れましたが、
エクリン腺からの汗です。

しかし、99%が水分で、サラサラのはず?!

しかし、べとべとの汗になるのは、
発汗時、本来は汗に含まれるミネラルを再吸収するのですが、
その機能が衰えてくると、ミネラルが再吸収されず、
汗がべとべとになるのだそうです。

それは、なんと、汗をかいていないからです。

「えっ!?」

と思われるかもしれません。

そうなんです。汗腺の力が衰えると顔汗が多くなり、
その汗がベトベトすることになります。

汗腺を強くするためには、どうすればよいか?

スポンサーリンク

汗腺を鍛える

汗腺を強くするためには、汗腺を鍛えることが必要です。

体温調節の汗を分泌するエクリン腺は、
実際に活動している汗腺は、全体の半分程度といわれています。

汗を分泌する機会が少なくなることから、
心臓から離れていて冷えやすい下半身や腕などの汗腺は
休眠状態に入ってしまいます。

すると、体温調節をする際は、動きの多い顔などの汗腺から出る汗が、
増えるのです。

これが、顔ばかりに汗をかいてしまう原因です。

汗腺の鍛え方(1)

汗腺を鍛えて、良い汗(サラサラした汗)
を全身からかくために一番いいのは、

「運動」です。

顔面多汗症の原因にはストレスも関係していることが多く、
運動はストレスを解消する役割もあるので効果的です。

定期的な運動をすることで、「質の良い汗」をかく練習をしましょう。

運動によって休眠している汗腺を呼び起こすことで全身で汗をかいたり、
サラサラの汗をかけるようになります。

運動の種類は筋肉に負荷がかかりすぎず、
全身で汗をかける有酸素運動がおすすめです。
ウォーキング・ジョギング・サイクリング・水泳などを1日20分以上
行うようにしていきましょう!

 汗腺の鍛え方(2)

定期的な運動もなかなか難しい、
というあなたは、次の
汗腺トレーニングのやり方はどうでしょうか?

高温浴

高温浴は自宅で簡単にでき、
汗をかきにくい人でも汗腺の機能を高めることができる、
汗腺トレーニング法のひとつ。
1.湯船にバスチェア(浴室で使うお風呂椅子)を入れ、
43~44度のお湯を20~30cm張る。
この時、湯面がバスチェアの座面よりも下になるようにすると良い。
2.バスチェアに座り、両腕(ヒジまで)と両足(ヒザ下)を湯船の底につけ、
湯の中に15分程度入れる。
3.その後バスチェアを取り除き、水を足して36~38度に温度を下げ、
15分程度全身浴を行う。

汗腺が多い手足が温度の高いお湯につかることで、
汗腺の機能を高めることができます。

そして、次にぬるま湯で全身浴を行うことで、
高温のお湯で刺激された交感神経を沈め、
副交感神経を優位にして、リラックスさせます。

半身浴

高温浴も発汗を促しますが、
モデルの皆さんもよくやっていますよね。

これも効果的です。

 

そのほか多汗症対応

運動や入浴方法で、健康的に
多汗症を克服する方法がありますが、
医療処置もあります。

しかし、医療処置には、それなりに副作用
もありますので、その点を確認し、検討してください。
もちろん、医師への相談が必要です。

ボツリヌス注射

 

「ボツリヌス注射」とは、ボツリヌス毒素がつくるタンパク質を有効成分とした注射です。汗は、交感神経の末端から放出される「アセチルコリン」という神経伝達物質が、汗腺に発汗を促すことで分泌されます。ボツリヌス注射は、このアセチルコリンの放出を抑制し、汗を減らす注射で、半年ほど効果が持続します。顔の場合は、額に注射をして、額の汗を減らすために使うことが多いようです。

神経遮断薬

 

「神経遮断薬」は、アセチルコリンの放出を阻害して発汗を抑制する飲み薬で、多汗症の治療薬としては「プロパンテリン(商品名プロバンサリン)」が、唯一の認可薬となっています。全身に作用するので、顔に限らず全身の汗を止めるのに有効ですが、口の渇き、眠気、胃腸障害、便秘などの副作用が出る場合があります。

精神安定剤

 

顔は、隠すことができず人目につきやすい部分なので、顔面多汗症の方は人目を気にしてしまいがちです。しかし、そういった緊張やストレスも交感神経を刺激するため、余計に汗が止まらなくなるという悪循環を招きます。多汗症は心の病気ではありませんが、このように汗への恐怖心や不安が余計に症状を重くしている場合は、「精神安定剤」が処方される場合もあります。服用することで気持ちが落ち着き、汗の減少につながることがあります。

漢方薬

 

漢方薬は、西洋医学の薬のように症状に直接作用するわけではないので、即効性がありません。しかし、体全体のバランスを本来の状態に戻して自己治癒力を高める効果が期待できるため、西洋医学では原因が解明できず、対処しきれないような病気にも効果を発揮することがあります。同じ症状でも、患者によって処方される漢方薬は異なりますが、顔汗が多い場合は「柴胡桂枝乾姜(さいこけいしかんきょうとう)」がよく用いられます。

専門医に相談するだけでも気持ちが楽になるので、人より顔汗が多い気がしたり、人目が気になったり、日常生活に影響がある場合は、気軽に受診してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

顔汗に悩んでいるあなたに少しでも
参考になったでしょうか?

発汗の原因を理解して、あなたに合った
方法で、顔汗を緩和してくださいね。

スポンサーリンク

 - 多汗症