お役立ち情報サイト ”のぶログ”

サプリメントで効果的な対策を!~ストレス編~

      2016/04/24

現代人はストレスを多く抱えている人が多いのではないでしょうか?私達は数限りないストレスに囲まれて生きています。ストレスと上手に付き合うことができればよいのですが、体はストレスを感じると抗ストレスホルモンを分泌して、そのホルモンは免疫機能を殺してしまいます。shutterstock_110822132[1]http://itmama.jp/2013/06/16/8928

つまりストレスが溜まる➡免疫機能が低下する➡病気になるという流れが体の中にできてしまします。そのためには抗ストレスホルモンの対策が必要となります。病院に行くほどではないけれど、ストレス対策としてサプリを試してみたい人。目的にあわせて効果的なサプリメントを選んでみませんか?

スポンサーリンク

ストレス対策に有効なサプリメント

αリノレン酸・EPA・DHA

これらのN-3系脂肪酸は脳の神経伝達に重要な脳細胞膜を機能させるものです。魚に多く含まれるEPA・DHAはイライラを和らげる働きや気分を安定させるという効果があります。DHAは、デリケートな脳内に入ることを許される貴重な成分で、記憶を司る海馬には特に豊富に含まれていいます。また脳を作っているのは、ほとんどが脂質であり同じ脂質で脂肪酸であるDHAは脳内に欠かす事のできないいものです。その結果、ストレス緩和・精神安定の効果があるといわれています。実際うつ病の子供にDHA・EPAを食後に飲ませたところうつの症状が明らかに改善されたというデータもあります。

ギャバ(GABA)

リラックス効果のある抑制系の神経伝達物質です。ギャバは発芽玄米に多く含まれる成分です。自立神経を調整する作用があるため気分が穏やかになるとうい効果があります。GABAはもともと体内で十分な量が作られているのですが、強いストレスにさらされると、それを緩和するために大量に使われるために不足しがちになりす。GABAが不足すると興奮性の神経伝達物質が過剰に分泌され ることになり、リラックスできない状態が続いて緊張を強いられることになるのです。寝つきが悪く不眠に悩む人は就寝の約1時間前に飲むのがおすすめです。

テアニン

お茶に含まれるアミノ酸の一種。お茶をのんでホット一息ついた経験はだれにでもあると思います。このテアニンには、脳の興奮を抑えて神経を沈静化する効果があります。夜に飲むと、脳の抑制系神経を活性化して興奮系神経を鎮めることで、緊張を抑え寝つきを良くして睡眠の質を高めてくれます。昼に飲むとストレスを軽減して作業効率を上げる働きがありあます。緊張の中でもリラックスして集中力が増し、良い結果を出せる効果があることがわかっています。

セロトニン

セロトニンとは、必須アミノ酸であるトリプトファンを元に、体内で作られる神経伝達物質です。神経伝達物質であるセロトニンの減少は慢性的ストレスやうつ病、不安障害につながります。 セロトニンが減少すると無気力、無関心などの精神疲労症状が見られます。人間の体内では、セロトニンの90%近くが小腸などの消化管に存在しています。残りの8%は血液中、そして2%は脳内に分布しています。セロトニンがしっかり分泌されていれば、大きな精神的なストレスにさらされたとしても、不安や怒りといった感情をほどよく抑えられるようになります。また、セロトニンを増加させると積極的な気分ややる気を引き起こし、幸福感を感じることができます。

ビタミンB群

脳の働きを活発にして精神を安定させてくれる働きがあります。また、披露物質の蓄積を防ぐ働きがあり、その他、だるさ、倦怠感の予防にもなる。ビタミンB群で脳を最適な栄養状態にすることによって、やる気がみなぎり、身体の中で脳の幸福物質に変え、より良い精神状態となります。ビタミンBは単体で摂るよりもB群として撮った方が効率が良いです。

ビタミンC群

ビタミンCはストレスから体を守るホルモンを合成するのに使われています。ストレスはビタミンCを大量に消費します。腎臓の上にある副腎には、高濃度のビタミンC蓄えられていますが、ストレスが加わると、急激にその量が減ります。抗ストレスホルモンを作るのにビタミンCが使われるためです。ビタミンCが不足すると、抗ストレスホルモンが充分に作られず、ストレスに対抗する抵抗力が弱まります。ビタミンCは、一度にたくさん摂ってもストックできず、体外に排出されてしまいます。 ストレスに負けない体を作るには、毎日充分なビタミンCを摂るのがコツです。

ミネラル

カルシウム・マグネシウムは抗ストレスミネラルです。神経の興奮を抑制したりイラ立ちを解消したりします。ミネラルが不足すると、脳のはたらきが悪くなり、気分の浮き沈みやうつ状態になりやすいことがわかっています。カルシウムには興奮や緊張などを抑制させる効果があり、ストレスをやわらげるといわれています。不足すると神経や感情のコントロールがしづらくなり、情緒不安定になりやすくなります。ミネラルの種類はたくさんあり、適量を効率よく摂取するなら、バランスよく配合されているマルチミネラルサプリがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

サプリメントとは本来『補う』とか『追加する』といった言葉の意味と同様、食事から補いきれない栄養を補助するために摂取するためのものです。サプリメントは自分の目的にあわせて、上手に使うことが大切だと思います。サプリメントを試してみてもよくならない場合は、症状にあわせて病院にかかることも大切です。

スポンサーリンク

 - サプリメント