お役立ち情報サイト ”のぶログ”

熱中症の予防と対策。効果的な飲み物とは?

      2016/03/31

毎年、暑くなり始めてまだ体が暑さになれていない、梅雨明け前後に熱中症になる人が多くなります。熱中症とは体内の熱を適切に放散できなくなって起きるさまざまな症状のことをいいます。暑い環境にいたり、スポーツや外での労働をしたりする時に体内の水分や塩分が不足することによっておこります。また最近では脱水症は、炎天下の野外で激しい運動や労働をしたときだけに起こるものではありません。室内や夜間、車の中でも起こるのです。
脱水症はさまざまな状況で起こります。その前触れとなる「かくれ脱水」はいつでもどこでも起こります。
illust4276[1]http://kids.wanpug.com/illust244.htm

また、意外と思われますが、冬場にもかくれ脱水はおこります。冬のかくれ脱水は、自分では意識しないうちに起きています。つまり知らない間に水分が失われているのです。冬になると、脱水に対する警戒心が薄れるのと、冬は汗をかきにくいため、発汗時飲み物から水分をとる機会が少なくなります。また「体が冷えるから」「お手洗いに行きたくなるから」などの理由で飲み物の摂取を控える状況を続けると脱水状態になりやすいのです。では夏と冬に起きやすい熱中症やかくれ脱水に効果的な飲み物はどのようなものでしょう?

スポンサーリンク

経口補水液

経口補水液とは体内で失われた水分や塩分などを速やかに補給できるように成分を調整した飲料のこと。最近、経口補水液を薬局やスーパー売っているのを見かけますね。でもこの経口補水液、自宅でも簡単に作ることができます。
【材料】
水・・・1リットル
塩・・・小さじ1/2(3g)
砂糖・・・大さじ4と1/2(40g)
これを材料が溶けるまでかき混ぜる。味が物足りなければレモンを絞ってもよい。

スポーツドリンク

こちらもお店でも売っていますよね。自動販売機でも必ずといっていいほど見かけます。我が家は常に粉末のスポーツドリンクを常備しています。「喉が渇いたな~」と思った時、冬場でも粉末なら、カップに粉末のスポーツドリンクを適量入れ、お湯を注ぎ温かい飲み物として飲んだりしています。このスポーツドリンクも自宅で作ることができます。
【材料】
水・・・1リットル
ポッカレモン100・・・大さじ1
砂糖(もしくはハチミツ)・・・大さじ4
塩・・・小さじ1/2

ミネラル麦茶

こちらもスーパーなどで売っていますね。こちらもティーバッグタイプの物を常備しておくと安心ですね。ミネラル入り麦茶は従来から言われている体温降下効果だけでなく、血液をサラサラにする効果も報告されています。刺激物であるカフェインも含まないため、夜も安心して飲めますよね。一年を通じて飲みたい飲料です。

スポンサーリンク

まとめ

水分補給は一年を通じてとても大切なのですね。熱中症やかくれ脱水の予防には、塩分を含んだ水分をこまめにとることです。上記のほかにも、塩分補給として味噌汁を飲む。その他に牛乳を飲むなどもおススメです。特に気が付かないうちに脱水が進みやすい高齢者は、排尿の回数が減ったときや尿の色が濃くなったこきには脱水が始まったサインと思い、のどが渇いていなくても、意識して少しずつ水分補給をしたいものですね。

スポンサーリンク

 - 熱中症