お役立ち情報サイト ”のぶログ”

熱中症対策の食べ物、飲み物ランキング!

      2016/03/31

熱中症予防は、いろいろありますが、その中で、食べ物と飲み物についてランキングでまとめてみました。
img01[1]
出典:http://21healthjapan.com/nettyuusyou/
ランキングの前に、熱中症の原因について少し触れておきましょう。

スポンサーリンク

熱中症の原因は?

通常、気温が高くなったり、激しい運動をすると体温の上昇を抑えるために、発汗しその汗が乾燥するときに、気化熱を奪うことで体温を下げます。
しかし、湿度が高く気化熱で体温上昇ができない場合、発汗量はさらに増えます。
その結果、体内から水分が抜けて、脱水症状を起こします。
また、体温上昇を抑えきれない場合に、体温の上昇とともに、判断力が失われ思わぬ事故になります。
この場合、以下のものが体に必要となります。

水分…一番重要です。

体の水分の減少が、熱中症の大きな原因です

•塩分

…汗と一緒に体から出てしまうので、
補給が必要になります

•カリウム

…汗と一緒に排出されます。
主に水分の保持をしていて、
減少すると、細胞内の脱水症状につながります

症状の回復には、以下のものが必要です。

糖質

…体内で水分の吸収を促します

ビタミンB1

…元気ビタミンとも言われ、
不足すると糖質の分解力が下がります

クエン酸

…疲労回復、
代謝の活発化が期待できます

これらをいかに、体が不足を感じる前に補給するかが重要です。
それでは、その有効な食べ物と飲み物のランキングです。

スポンサーリンク

飲み物ランキング

第1位 スポーツドリンク
20120725122729[1]

スポーツドリンクは、水分を効率よく吸収でき、かつ体への負担が掛からない様に考えられているほか、発汗により失われるカリウムイオンやナトリウムイオンなどの電解質やマグネシウム・カルシウムなどのミネラル分を補給できます。また、成分的にもできるだけ体液に近いように工夫されていることから、浸透圧で胃腸に負担を掛けない飲み物です。
筋肉中に蓄積された乳酸の分解を助け、回復を促すとされるクエン酸や、疲労回復に効率よくエネルギーに変換できるブドウ糖やショ糖を含んでいます。まさに、熱中症対策には、欠かせない存在です。 しかし、市販のスポーツドリンクは、糖質が多く含まれていることから、多量に摂取すると肥満の原因にもなります。 たくさん飲む場合は2倍に薄めるなどで、効果を維持しながら、カロリーコントロールもしていきましょう。

第2位 牛乳

93690[1]

牛乳は、バランス栄養ドリンクの最高峰です。
すべての栄養素がバランスよく含まれているのでお勧めです。
ただし、脂質を多く含むことから、おなかを下す人もいます。
せっかく、水分補給を兼ねて牛乳を飲んでいるのに、下痢で脱水症状を起こしては、本末転倒になりますので、体と相談して飲んでください。

第3位 ミネラル麦茶

021902_h[1]

糖質は、ほとんどありませんが、ミネラルと水分の補給ができます。
また、甘くないので甘いものが苦手な人でも、たくさん飲めるのが特徴ですね。

番外 味噌汁

MINOLTA DIGITAL CAMERA

飲み物と食べ物の中間的な存在の味噌汁ですが、これも熱中症対策には、いい飲み物です。
前の晩の残りの冷えた味噌汁を運動前に飲むのもいいかも。

熱中症対策で、飲み物をとる場合、水だけで補給をする人も多いと思います。
しかし、水だけだと、電解質やミネラルの補給ができないので、脱水症状ではないが熱中症をおこす場合がありますので、要注意です。

避けるべき飲み物

コーヒー、紅茶。  利尿作用があり、一時的なのどの渇きは収まりますが、水分補給の観点からはおすすめできません。

アルコール。  のどが渇いた時のビールは最高です。 ただし、熱中症対策でビールは禁物。利尿作用、体温上昇を引き起こし、熱中症を悪化させます。

c0147116_1348405[1]

食べ物ランキング

第1位 スイカ

3723347552_983f5dd7d6[1]

スイカは90%以上が水分で、糖分やカリウム・カルシウム・マグネシウム等のミネラルを含んでいます。少し食塩をかけて食べると効果抜群です。夏のおやつには最適です。

第2位 豚肉

3472[1]

豚肉には、ビタミンB1が豊富に含まれていて、日ごろの熱中症対策として、豚肉を食べることをお勧めします。
焼いてもよし、煮てもよしです。

第3位 梅干し

img_0[1]
梅干しは、食塩、クエン酸ナトリウム、塩化カリウムを含んでおり、熱中症対策や夏バテ防止にも適しています。梅干し1個と水やお茶を500ccとるだけでOKです。
くれぐれも、焼酎の梅干し割りではありませんので!

◆まとめ◆
熱中症対策のドリンクも食べ物も、少し気を付けるだけでずいぶん効果があります。
スイカなど、やはり旬のものをその時期に食べることが非常に大切ですね。
暑い夏や、暑いところでの作業が続く場合には、これらのことを注意しながら元気にお過ごしください。

スポンサーリンク

 - 熱中症