お役立ち情報サイト ”のぶログ”

なぜ女性に多い?片頭痛の原因とは

      2016/04/02

片頭痛をもっている人は日本では約800万人いるといわれています。とくに片頭痛は女性に多い頭痛で、15歳以上の女性で片頭痛をもっている人の割合は男性の3.6倍です。しかも20代から40代の子育てや仕事に忙しい年代に多い頭痛です。この年代の5人に1人は片頭痛をもっているということになります。
片頭痛は頭の片側、もしくは両側がズキズキと脈打つよう痛みを感じる発作性の頭痛です。1度発作がおこると、数時間から2~3日は持続し、月1回か2回、多い人では1週間に1~2回の頻度でおこります。
018

なぜ女性に片頭痛が多い?

では、なぜ女性に片頭痛が多いのでしょうか?それは女性ホルモンとの関わりが指摘されています。片頭痛もちの女性の半数近くが月経前や、生理1日目から2日目にかけて痛みに悩まされることや、排卵日に片頭痛に悩まされていることがおおくみられます。

また、女性ホルモンの変動の少ない妊娠中には、片頭痛は起こりにくくなります。
しかし、出産後には再び出現し、出産前よりひどくなることもあります。

女性の片頭痛はピル(経口避妊薬)の服用や更年期障害の治療で使われている、ホルモン補充療法(HRT)などが誘因となり悪化することもあるので、片頭痛持ちの人は使用前には医師と相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

片頭痛の誘因は?

遺伝的要因

片頭痛の人は、両親、兄弟、姉妹も片頭痛になることが多く、特に母親が片頭痛だと子供が片頭痛になりやすいといわれています。

気候の変化

片頭痛持ちの人は、雨が降る前や低気圧が来るのがわかるという人がいたりします。季節の変わり目や梅雨時、台風が来る前など、低気圧がやってくるときに起こりやすくなります。
また、急激な温度の変化にも注意しましょう

ストレス

ストレスは片頭痛の大きな要因です。ストレスがかかっている時だけでなく、責任の重い仕事から解放された時や、忙しい仕事から解放された週末に片頭痛が起こりやすいです。
普段から自分なりのリラックス法やストレスをなるべく溜め込まないようにしましょう。

肩こり

何時間も同じ姿勢でパソコンに向かっていると、目が疲れたり、肩が凝ったりします。
日頃からストレッチや運動などを取り入れ血行を良くするようにしましょう。

睡眠不足

頭痛が起きたときの一番の対処法は睡眠です。過労やストレスは頭痛の大きな誘因です。睡眠はそうした誘因を解消してくれます。また、睡眠は同時に首や肩の緊張を休めてくれます。睡眠不足にならないようにしましょう。また、昼寝が頭痛を招くこともあります。少し昼寝をすると、頭も体もすっきりします。しかし疲れているからといって何時間も寝たりするとかえって逆効果です。昼寝は午後3時までに30分以内にとどめましょう。

寝すぎ

意外だと思われるかもしれませんが、寝すぎが片頭痛を誘発することがあります。週末になると片頭痛がおきるという人がいます。それは、お休みの日だからといって、日頃の疲れをいやすために昼近くまで寝ている人がいます。日頃の生活のリズムが崩れることにより自律神経も乱れてしまいます。休日でも寝坊するのはせいぜい30分から1時間程度にしましょう。

食べ物

片頭痛を引き起こす食べ物には、赤ワイン・チーズ・チョコレートなどがよくあげられます。これらの食品に含まれるチラミンという物質が片頭痛を誘発します。特にアルコールは頭痛の誘発因子になるため気をつけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

痛みのために仕事を休んでしまう。家事など身の回りのことができない。だんだん痛みの程度や頻度が多くくなっきたなど感じたら「たかが頭痛」と思わず、病院に行くようにしましょう。最近では「頭痛外来」のある病院も多くなってきました。
市販薬の常用は、脳が痛みを感じやすくなり、かえって頭痛がひどくなったりしたりします。
1か月に10日以上薬を飲む人は要注意です。
そのような時は、一度病院を受診して自分にあった治療法をさがしましょう。

頭痛薬 関連記事 ⇒ <a href=”http://nobusan.net/loxonin-painkiller/” target=”_blank”>ロキソニンの効果がでるまでの時間は?</a>

スポンサーリンク

 - 頭痛