お役立ち情報サイト ”のぶログ”

ミニマリストと男のダイエットの関係は?

      2017/02/12

男性のミニマリストの皆さん!
頑張ってますか!

今日は、ミニマリストと男のダイエットについて、
考えていきます。

ミニマリストと女性のダイエットは、
たくさんのブログで紹介されています。

しかし、こと男性のダイエットについて、
しかも、ミニマリストとの関係を考えた
ブログが見つからない。

そこで、私の経験を交えながらご紹介します。
その中に、男のダイエットのやり方も紹介
していきます。

しかも、高価なダイエットフードや、サプリ
無しでです。

スポンサーリンク

まず、

ミニマリストになぜダイエットが必要?

ミニマリストになぜダイエットが必要なのでしょうか?

ミニマリストは、不要なものを極限まで減らすこと!
ですよね。

体についた脂肪?

これも減らす必要がありますが、それ以上に
ダイエットは必要です。

ダイエットせずに太ると・・・

1.服が増える

体形が変わると、当然、着られなくなる服
が出てきてしまいます。

着られなくなる服は普通にしていてもあります。
それが、流行や汚れて着れなくなる場合は、
捨てればいいのです。つまり断捨離です。

太った時の服は捨てられない!

しかし、体形が変わって着られなくなった服は
瘦せた時のために、捨てられません。

つまり、いつ着ることができるかわからない
服をいつまでも持つことになります。

ミニマリストにとってこれは、”No!”です。

服がすぐダメになる!

昔太っていて、痩せた。
もしくは、昔痩せていて、最近太った。

もし、あなたがそうだったら、気づきませんか?

太っているときは、衣類の消耗が激しい!!

痩せている人にはわからないかもしれませんが、
本当にそうなのです。

すぐに思いつくのが、『ベルト』

太っているときは、ベルトの穴をいくつも使います。
そして、その穴にもかなりの力がかかります。

みるみるベルトの穴の周りが白くなったり、
ひび割れたりします。

太った経験がある人から”わかる!わかる!”
と聞こえてきそうです。

そして、ズボンです。
男性の場合、足が太ると太ももの内側がすれて
特にジーパンは太ももの内側から破れます。

ジャケットに至っては、袖を通すときに、
無理をするので、’わき’や’肩口’から
傷みます。

極めつけは、靴(くつ)です。
太ってくると足も太ります。

足が太って、体重も重くなると
『革靴のひび割れ』
『かかとの偏(かた)べり』
の原因になります。

女性も同様のことがいえるかもしれませんが、
男性の場合は、特によくわかります。

ミニマリストらしくない

ミニマリストは、やっつぱり体も

余分なものは、持ってはダメですよね!

お腹周りに、脂肪をつけていて、

「私は、ミニマリストです!」

と言っても、説得力 0です。

からだも軽く、心に余裕!

これがミニマリストです。

男のダイエット法

男のダイエットは、ズバリ!

「カロリーバーニング」です。

そんなの判ってると言われるかも
しれません。

しかし、ダイエットに失敗する人は
本当に判っていません。

『あなたは、今日何カロリー採りましたか?』

『あなたの1日の基礎代謝は何カロリー?』

『脂肪1kgは、何カロリー?』

全て答えられた人で、太っている人は、
きっといないでしょうね。

なぜ、この知識が必要なのか?

ダイエットには公式があります。

それは、

(摂取カロリー)ー(代謝カロリー)
 =(体重の増減)

この簡単な公式が全てです。

そして、(体重の増減)のところに、
(減らしたい体重)×(7200kcal) を

当てはめればいいだけです。
”7200kcalって何?”

脂肪1㎏のエネルギー量です。

つまり、一日のエネルギー摂取量が、
消費(代謝)エネルギーより、7200kcal
少なければ、確実に1㎏体重は減ります。

それでは、男性(体重65kg)の一日の
消費エネルギー量はというと

約2300~3000kcal(内基礎代謝量約1500kcal)
です。

運動量が少ない場合、何にも食べないで
3日過ごしても、体重は1kgしか減りません。

ここまで聞くとやる気がなくなる~と言われそうです。

だから、ダイエットは、ある程度期間を考える
必要がります。

常に、この7200kcalを意識しながら、
その数字を積み上げていきましょう。

そして、その方法です。

先ほどの公式を思い出して下さい。

(摂取カロリー)ー(代謝カロリー)
 =(体重の増減)

体重を減らそうと思うと、

摂取カロリーを減らす。
または、
代謝カロリーを増やす。
もしくはその両方しかありません。

最近、でんぷん質(炭水化物)を
食べないダイエットが流行していますが、
日本人は、やっぱり、米、うどん、餅・・

これを外して考えられませんよね。

また、ミニマリストが、肉ばっかり食べるのも
抵抗ありませんか?

そうすると、やはり代謝エネルギーを増加すること
です。

男性は、女性より約200~400kcal程、1日の
代謝が多いといわれています。

つまり、男性のほうがダイエットしやすいのです。
また、体の中で、筋肉は代謝エネルギーが多い

ことは事実です。

この私も、身長も高くないですが、
>筋トレと、
>おやつを
止めるだけで、

3ヶ月で、5kgやせました。

やせてからは、体重計に毎日乗って、
食べ過ぎた次の日は、少し食事の
量を抑えているので、一年半は、
リバウンドもなく来ています。

ダイエットして、何がうれしいか?

タックなしのズボンが、はけるように
なったことです。

スポンサーリンク

お金をかけずに、筋トレしましょう!

お金をかけずに、ですが少しは、かけますよ。

欲しいのは、5kg程度のダンベルです。

私の場合は、息子のダンベルを借りているので

元手は、0です。

このダンベルで、筋トレメニューの

ビッグ3をやります。

先日、確実にやせる方法として、
筋トレ の一つの”プランク”を4分間やるだけ!
といわれることがありますが・・・

”えっ!?”

プランクとは、これです。

この体勢を4分間!?

やったことがある人はわかると思いますが、
これ結構きついです。

これからダイエットしようとしている人は
せいぜいできて30秒から1分です。

筋トレはやみくもにやるのではなく
しっかりとメニューを選ぶことが
必要ですね。

もちろん、プランクを毎日1分やれば、
おなかはそこそこへっこみますよ。

さて、BIG3の話です。

BIG3とは、
・デッドリフト
・スクワット
・ベンチプレス
です。

これをダンベルだけでやっていきます。

デッドリフトは、ダンベルデッドリフト
というやり方があります。

デッドリフトは、背中からお尻足の裏側の筋肉
を強化できます。

次に、ダンベルでベンチプレスをする代わりに、
ダンベルプッシュアップ(腕立て伏せ)です。

プッシュアップ(腕立て伏せ)は、手を置く幅により、
胸から上腕筋を強化できます。

普通のプッシュアップと比べて、ダンベルを使うと
ストロークが長くなり、それだけ運動量が
増加します。

そして最後にダンベルでスクワットです。

スクワットは、大腿四頭筋(だいたいしとうきん:足の太ももの前の部分)
を強化できます。

スクワットのやり方もいろいろあるのですが、
5㎏程度のダンベルスクワットが、関節への負荷も少なく
ダイエットにはいいと思います。

もう一つスクワットの特徴は、消費カロリーの多さ!

スクワット1回で、大腿四頭筋を動かすことから、
プッシュアップ(腕立て伏せ)の約100回分の
エネルギーを消費します。

これが、ダイエットに効果的です。

今回は男性を対象にお伝えしていますが、
女性にもスクワットはおすすめです。

太ももが太くなるからと避ける方が
いますが、スクワットで太ももを大きく
するのは、相当の重量を上げないとできません。

スクワットをすることで、筋肉回りの
脂肪を消費し、スリムになります。

以上がBig3の特徴です。

皆さん、あれ?と思いませんか?

腹筋(ふっきん)がないよ~

”安心してください。 入ってます!”

このBIG3をやる場合、すべてで、
腹筋を使っています。

事実、ボディービルダーの間では、特に
腹筋をしないことが多いです。

挿入動画は、ちょっと、マッチョな画像ですが、
5㎏のダンベルでやるだけで素晴らしい
効果があります。

そして、体のラインが見事に整います。

美しく筋肉をつけると
代謝が上がり、ミニマリストの体が
手に入ります。

まとめ

ミニマリストとダイエットの関係が理解
できましたか?

そして、ダイエットをするのは、
男性のほうが向いていること。

ダイエットは、数学です。
数字で計画設計することです。

そして、ダイエットは筋肉量を
増やすこと。

今回ご紹介した筋トレでは、
エネルギー消費の多い、大きな筋肉を
鍛えるものなので、だまされたと思って、
やってみてください。

今年の夏は、ミニマリストの男性の
必需品の白いTシャツから、たくましい
二の腕が出ている状態を想像しながら、
頑張ってください。

<関連記事:ダイエットに成功!50代男性がお金をかけずに減量!その方法は?

 - ミニマリスト