お役立ち情報サイト ”のぶログ”

大人の男のシャツ選び。〇〇ブランドは、絶対外せない!

   

大人の男。
特に、ビジネスマンが外すことができない
洋服アイテムが、

色や柄(がら)のシャツは、おしゃれだけれど、
きっちりと着こなした白いシャツにはかないません。

そんなシャツで、特にお勧めするブランドを
ご紹介していきましょう。

この選択は、 ニュースキャスターやタレント等、
メディアで著名人のスタイリングを 延べ3000人以上
手がけるスタイリストも勧めているブランドです。

これを知っておくだけでも、ビジネスマンとしての
格が上がると思いますよ!

それぞれのブランドを私のコメントを入れながら
紹介します。

その中で、あなたにピッタリなシャツを
選んでください。

スポンサーリンク

シャツはどう選べばいい?

意外とビジネスマンの中でも、白いシャツ
を軽く見ている人が多いのも事実です。

シャツは身体に一番近い服です。

ピッタリ合ったサイズが大切

自分の体型に合ったものを選ぶことが
とても大切です。

スーパーで、S,M,Lだけでは、自分に
ピッタリのサイズがあるとは限りません。

体にピッタリしたシャツを着ていると
美しく見えます。

そして、”できる男”に!

白さが大切

しかし、白シャツは襟や袖の汚れが目立つので、
ミニマリストといえども、数日着回したり、
しては、絶対にだめです。

ミニマリストに大切な”清潔感”がなくなります!

しっかりと洗濯し、手入れも欠かさないのが
お洒落に着こなすポイントです。

高級ブランドのシャツは襟や袖を交換可能なものが
多いので、長い目で見るとお得かも?!

いくつかのブランドのシャツを着比べてみて、
ぜひ自分に合うブランドを見つけてください。

それでは、スタイリストからの情報をもとに、
私なりに確認した感触をお伝えします。

スポンサーリンク

ブランド

フィナモレ (イタリア)

シャツ一枚でも様になる《フィナモレ》
1925年にナポリで創業したブランド。

半世紀以上にわたりナポリの技術を
今に伝え、あくまでも手縫いにこだわった
シャツブランドが、「Finamore(フィナモレ)」。

イタリアの伊達男がこよなく愛する
伝統のルールにのっとったエレガンスから
コンテンポラリーな雰囲気を取り入れた提案まで、
幅広いインスピレーションに基づく多彩な商品を
展開しています。

フィナモレのオックスフォード地のドレスシャツは、
細部にまでこだわったもので、襟のステッチワークや
イセ込みを多く取った雨降らしの袖、
ヨーク部分のギャザー、
厚めに設定された白蝶貝ボタンなどナポリの
カミチェリアの技術とディテールをふんだんに盛り込んだ
エレガントなものです。

フォーマルにエレガントに着こなすのはもちろんですが、
生地に、ハリとコシがありながらも艶やかなオックスフォード地
は、ノンアイロンでカジュアルなスタイルも
カジュアルと気品を醸し出すまさにできる男を
演出するのにピッタリです。

ただし、フィナモレのシャツは、肩幅が狭めに作られているので、
タイトな着こなしになります。しかし、その肩幅からは
想像も出来ないほど動き易いモノとなっています。

フォーマルに、カジュアルに、イタリアの”ちょい悪おやじ”
は必須アイテム!

<価格帯>
30,000円~50,000円

ターンブル&アッサー (イギリス)

英国王室御用達の老舗ブランド《ターンブル&アッサー》


1885年にロンドンで創業した王室御用達の老舗シャツブランド。

チャールズ皇太子や映画「007」のジェームズ・ボンド、
チャップリンも着用していたという正統派英国紳士のためのシャツです。

特徴は、上質で目の詰まったコットンはきちんとした風合いを出している。

そして、なんといってもワイドスプレッドの襟(えり)も特徴的で、
ボタンを閉めた時、襟の角度が120度近い広さに設計されている。

またカフスにも特徴があって、ジェームスボンドのトレードマーク
にもなっている。

少し、シャツに特徴を持たせたいあなたには、
ピッタリかもしれませんね。

<価格帯>
20,000円~40,000円

インディヴィジュアライズドシャツ ( アメリカ)

アメリカの歴代大統領も愛した
《インディヴィジュアライズドシャツ》


カスタムメイド専門ファクトリーとして1961年に創業した
シャツブランドです。

日本でも直営店で、2枚からになりますが、オーダーメードが可能です。

60年代アメリカのトラッドやアイビースタイルを今も守り続けています。

アメリカの歴代大統領からも愛用され、高級百貨店やブルックス・ブラザーズの
カスタムメイド(オーダーメイド)部門を任されていました。

特徴は、ロールの美しいボタンダウンの襟と、目がしっかり詰まった
オックスフォード生地。

厚手で耐久性があり、使い込むほど柔らかくいい風合いになってきます。
ドレスアップの時は、ピシッとアイロンがけし、
カジュアルな時は、洗いざらしを着るのも男の色香が香ります。

また、オーダーメードでは、襟のパターンは28種類、袖口は10種類など、
から、自分好みのスタイルが選べるのもうれしい特徴です。

また、レディースもあるのも大きな魅力です。

<価格帯>
18,000円~30,000円

メーカーズシャツ鎌倉 (日本)

抜群のコストパフォーマンスを誇る
《メーカーズシャツ鎌倉》

 


1993年に鎌倉で創業したシャツメーカー。

国内の自社工場で製造し直営店舗で販売するSPA(製造小売)
だからこそできる、5000円台~という価格帯では信じられない
くらいのクオリティーの高さ。

これは、まさに驚きです。

それだけではありません。首や袖のサイズ展開も豊富で、
日本人の体型に合うシャツがきっと見つかると思います。

先に紹介したインディヴィジュアライズドシャツなどの海外ものは、
型紙がインチ単位であるのにたいして、当然”鎌倉”は、センチ
単位で細かい設定もされています。

そでを通したことのあるビジネスマンは必ずと言っていいほど
リピートしたくなります。

着心地の良さや生地の高級感を体感でき、しっかりとした縫製で、
長持ちするので、量販店で買う前に、一度は見てみたい。

形はスリムフィットとクラシックフィットの2種類あり、
年齢を問わず選べるのもうれしいですね。

Maker’s Shirt鎌倉もレディースも豊富
ニットやジャケットもあり、ペアで気軽に
着こなすのもあり!

<価格帯>
5,000円~8,000円

まとめ

いかがでしたか?

 

ミニマリストとして、白いシャツを選ぶとき、
しっかりと選びましょう。

私の一押しは、Maker’s Shirt鎌倉ですが、
やっぱり、ジェームスボンドやアメリカ大統領
と同じものを着ることによる心の持ちようの
変化も十分その値段を出すだけの価値があると
思います。

仮に10万円で、
ビジネスシーンを着こなす場合の費用の
配分は、

スーツ:4万円
靴  :3万円
シャツ:3万円

が理想と言われています。

是非参考にしてくださいね。

ミニマリスト、万歳!

スポンサーリンク

 - カルチャー, ファッション, ミニマリスト