お役立ち情報サイト ”のぶログ”

ミニマリスト、男の服選び、Tシャツ!

   

男のミニマリストで、絶対に外せないのが、

Tシャツです。

白いTシャツタイト出典:男前研究所

ここにも、やっぱりこだわりたい。

Tシャツは、トップスとして、そしてインナーとして、時にはパジャマとして、使い方も様々、まさに機能の100%を使い切りたい服ですね!

単にTシャツといっても、首の形、袖の長さや形、生地、色、ガラ、プリント文字

種類としては、インフィニティ(∞)!

安いTシャツを何枚持っていても、プリントTシャツなど、ほとんど着ることがないものをあなたもきっと持っていますよね。

だからこそ厳選しましょう。

キーポイントは、「清潔感」「こだわり」「おしゃれ」

このキーワードでTシャツを見ていきましょう。

Tシャツについては、色、素材、デザインについて考えていきます。

スポンサーリンク

ミニマリストのTシャツの色は?

ここは、文句なく白ですね。

なぜ、白か?

色の中で、一番清潔感のあるのが白。

そして、どんなものにもコーディネートできる強みがあります。

しかし、白は、汚れやすい。汚れが目立つ色でもあります。

絶対に、薄汚れたものや、ミニマリストは、着回ししますので特に

白の黄ばみ特に、わきにできる黄ばみは最悪です。しっかりと洗濯し、白がくすみだしたら、漂白するなどで、清潔な白を維持しましょう。

ミニマリストのTシャツの生地は?

ここは、一番こだわりたいところです。

えっ!

と思う方もいるかと思いますが、ここのこだわりで、オシャレ度が試されます。

ふつう、Tシャツは、綿100%であればいいように思えますが、いろいろありますよ。

生地の種類、厚さ、編みまで・・・・

生地の種類

生地の種類は、綿100%のものから、ポリエステルやアクリルなどの化学繊維があります。

綿は吸湿性に優れていて、化学繊維は耐久性と保温性に優れています。

用途によって、使い分けるのもいいですが、ここは綿100%にこだわりたいですね!

生地の厚さ

生地の厚さは、基本的に基準となる広さあたりの重さで分けられています。(1oz(オンス)=28.35グラム)

・3~4oz(オンス): 薄手の生地になります。価格も安いものが多いです。
最近は、薄手でも細い糸を使用して光沢のある高価な薄手のものもあります。

・5~7oz(オンス): ヘビーウェイトと呼ばれているTシャツの中でも高級品に属します。
特に6オンス以上のものは最高クラスに分類されます。
Tシャツを選ぶときに”ヘビーウェイト”という言葉を覚えておくといいでしょう。

・9~13oz(オンス): これはトレーナーなどの厚手のものになりますので、Tシャツを選ぶときには、関係ありません。
参考として、最も厚手のものは、13.2オンスです。

薄手のものは、透けるので、ここでのこだわりを持って、”ヘビーウェイト”を選びましょう。

生地の編み

Tシャツの生地には、厚さのほかに編み方にも種類があります。

・天竺編み  :一般的な編み方で、別名平編みとも言います。プリントTシャツは、基本この編み方です。

・フライス編み:首回りや袖の”リブ”と呼ばれる部位に使われるもので、伸縮性と強度がある編み方です。

・鹿の子編み : ポロシャツに使われることが多い編み方で、凹凸があり、独特の肌触りが特徴です。

・リブ編み  :表と裏に交互に凹凸があり、横方向の伸縮性がある編み方です。

生地の編みは、肌触りや好みがありますので、一概にどれが良いとは言い難いですが、私は、鹿の子編みが折り柄にもなっているので好きですね。

また、Hanes社のTシャツの様に、横に縫い目がない丸胴編みといったものもあります。

スポンサーリンク

ミニマリストのTシャツのデザインは?

デザインを順番に見ていきます。

全体のシルエット ⇒ 襟(えり)の形 ⇒ 袖(そで)の形と長さ

全体のシルエット

全体のシルエットは、2通り。

 

・タイトな着こなし

TIGHT

メンズセレブファッションニュース

・ルーズな着こなし

tシャツルーズ

L&HARMONY

ここは、体形によりますね。 あなたが、鍛えた筋肉質な体を持っているなら、タイト。
細身で、しなやかな体を持っているなら、ルーズな着こなしがお勧めですね。 細身でも、体に自信のある人は、タイトでもOKです!
↓ こんな感じ。

 

avirex v neck

出典:Amazon

襟の形

襟は、クルーネックか、Vネックかですね。Vネックの場合、Vの深さも考える必要がありますが、それも好みです。

ふつうと少し違った形を選びたいなら、Vネックがお勧めですね。首元のアクセントになります。

袖の形

そでは、一般に、半そで、七分、長袖ですね。

 

通常の半そででもいいですし、完全にアウターを考えると七分も、人と異なり、そこにもこだわりを感じることができますね。

ここで、あまり冒険する必要もないので、半そでが適用範囲も広いことから、お勧めかな?

◆まとめ◆

 

ミニマリストとして、外せないTシャツ。

その選び方も、こだわりを持って選びたいですね。

ここでのまとめは、

色は白、生地の厚さはへヴィーウェイト、編みは特徴のある鹿の子かリブ編み、スタイルは好みで、襟はVネック、袖は半そで。

ここまで、こだわれば、ミニマリストとして自分の服装をしっかり説明できる”こだわり”が確立できますね。

基本、プリントTシャツは避けるべきと思いますが、ワンポイントでのバックポイントはオシャレのポイントになるかも!

avirex v rear2

出典:Amazon

このTシャツをあなたが考える最小枚数持ちましょう! 清潔さを保つ洗濯用も忘れずに!

スポンサーリンク

 - カルチャー, ミニマリスト