お役立ち情報サイト ”のぶログ”

ミニマリストの原点”シンプルライフ”とは・・・なるほど! 納得!

   

「ミニマリスト」
なんだか、ちょっと”かっこいい”
”Cool!”

でも、基本は、「シンプルライフ」

何が「シンプルライフ」なのか?

シンプルライフとは?

言葉の意味としては、「単純な暮らし」

ちょっと違うよな~

ミニマリストとしては、ものを最小限にして
増やさない暮らし、と考えるほうが、考えやすいかも。

そこで、ものを最小限にする方法と
増やさない方法について、ミニマリストとして
お伝えします。

スポンサーリンク

ものを最小限にする方法

なぜ、ものが増えるのでしょう?

あなたも少し考えてみてください。

・必要と思っていて実は使わないものが多い?

・今は、いらないけど安いから買っておこう?

・なんとなく買っちゃう?

色々増える要素はあります。

小さなものなら、捨ててしまえば良いのですが、
大物はそうはいきません。

例えば家具です。

家具を買う時を思い出してください。

”とりあえず必要だから”
で買って、

10年20年使っていくのが家具です。

つまり、増やさない考え方の一つは、

ことです。

やっぱり、とりあえず買いはやめましょう。

選ぶことに、少し時間をかけることも必要です。

時間をかけることで、より目的がはっきりして、
本当に必要なものなのか?がわかってきます。

時間をかけ納得して買うと、買ったものに
愛着もわいて、納得して、長く使うことが
できます。

これは、安いものでもそうです。

私が、この冬に納得の買い物は、
ユニクロのボア付きパーカーです。
定価2980円で、安売りの時に1980円でした。
暖かいパーカーがほしくて、いろいろ見てみましたが、
値段、素材、大きさすべてに納得できたのが、
ユニクロのパーカーでした。
そして、店員さんに確認し、安売りの時期を待って、
購入しました。

やっぱり納得!

家具の話ですが、我が家には、15年前から、
一つ大きな家具があります。

リビングに置く、サイドボードです。

マンションに引っ越した時に、
リビングにどうしても、サイドボードが
ほしくて、家具屋さんに何度も足を運び
ようやく納得のいくサイドボードを見つけました。

選択のポイントは、
”長く使えるもの”

この一点でした。
将来的に、家族構成も変わり、使い方が
変わったとしても、使い続けられるもの。

これが、正解でした。
以前は、サイドボードに子供のおもちゃが
入っていましたが、

今は、本や書類が入っています。

あえて、きれいな家具ではなく
アンティーク家具(ETHAN ALLEN)にしたおかげで、
少し、日焼けしても味が出てきて、気にならないし
愛着も沸いてきています。
買い替えを考えたこともないほどです。

スポンサーリンク

ものを増やさない方法

ある程度ものが減ったら、次は
減ったものを増やさない方法です。

これは、いろいろな考え方があります。

その一つに、
ものを置く場所を明確に決めることです。

なぜか?というと、ものを置く場所を明確に
決めると、ものの増減が管理できるからです。

シンプルライフを目指すと決めたからには、
シンプルに、快適に過ごす必要がありますよね。

モノの置く場所をきめると、洗濯や小物を使った
時も何がないか? 何が足らなくなっているのか?
が一目でわかります。

「もうやってるよ!」

といわれるかもしれませんが、もう一度確認しましょう。

Tシャツ一つにしても、たたんで、同じ引き出しに入れていると
枚数の管理が楽にできます。

仮に、どうしてもほしいTシャツがあって、買ったとしましょう。

家に帰ってきて、引き出しにしまおうとすると、入らない、もしくは
いつもより、枚数が当然増えます。

そこで、ミニマリストは
どれかを処分しなければなりません。

ここが大切です。
ここで、躊躇してはいけません。

かならずどれかを捨てるのです。

それでも、捨てられない!!という人もいるでしょう。

これは、あまりお勧めしませんが、私はよくやるのですが、
収納の引き出しを常に、80%にすることです。

20%の空間の余裕を常に保つ努力をすることです。

そうすることで、どうしてもほしいものを入れる
場所を確保するのです。

これで、あまり心を絞めつけずにシンプルライフ
の空間の管理ができます。

まとめ

いかがでしたか?

 

ミニマリストの最初の考え方
”シンプルライフ”

これは意外にも、ミニマリストだけでなく
片付けの基本かもしれませんね。

逆に、ミニマリストの出発点は
片付けから入るのが、優しいですね。

ミニマリスト、シンプルライフ
時間とこころと空間に余裕を持つこと!

あなたもぜひ、心がけて、素敵な
生活を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ミニマリスト 万歳!!

スポンサーリンク

 - ミニマリスト