お役立ち情報サイト ”のぶログ”

ミニマリスト 男の靴にこだわったらこうなった!?

   

前回のブログで、

男の足元についてお伝えしました。
関連記事:『ミニマリストの靴(くつ)。男の足元間違っていませんか?』

ミニマリストは、目的を絞って、いいものを
厳選して、長く使う。

そして、何より、「清潔感」が必要ですよね。

薄汚れて、くたびれ、かかとがへ立っている
なんて靴をミニマリストが履いてはいけません。

今日は、私の靴を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

私の靴は10年選手

私は、普段履きに革靴は、一足だけです。

 

これです。

REGALのデッキシューズです。

なんと、10年以上も履いています。

その間、ソールは、一度張り替えていますが、
そのほかの部分はまだまだ履けます。

このデッキシューズは、大のお気に入りなのです。

デッキシューズは、ふつう、かかとが低く、長く歩くと
疲れやすですよね。

しかし、このデッキシューズは、かかとが2.5cmあって、
長く履いても疲れないし、革(かわ)にもつやがあって、
流行に左右されない”定番”です。

まさに、ミニマリストのための靴といえるでしょう。

しかし、ここまで、長持ちさせるには工夫がいります。

長持ちの工夫

くつを長持ちさせるには、いろいろあります。

 

ビジネスシューズは、シューキーパーを入れることは
常識ですよね。

シューキーパーは、先端が木でできていて、
テンションはバネでつけるのがおすすめです。

出典:アマゾン

ダイヤル式やはめ込み式より、装着が簡単です。
ただし、ここでのこだわりは、”木製”です。

シューキーパーの役割は、靴の形を整えることと、
くつの中の湿度を調整することです。

そのためには、木製である必要がります。

さて、話はデッキシューズに戻ります。

スポンサーリンク

くつもお肌と一緒

くつを長持ちさせるのは、お肌と同じです。

 

☆クレンジング
☆潤(うるおい)いを保つ

ことです。

ただし、お肌のように保湿するために
濡らすことではありません。

常に、適度な油分を持たせることです。

クレンジング

くつも普段履きは、意外と汚れています。

 

時々、ブラッシングで汚れは最低でも落としましょう。

クリーニングクリームを使うほうがいいかもしれませんが、
私は使わなくても、ブラッシングで十分と思います。

潤いを保つ

ここが一番重要です。

 

潤いを保つためには、やはりクリームが必要です。

そこでおすすめは、

MINK OILです。
これも、何年も使っています。

基本的に、革製品の手入れに何にでも
使えます。

私は、時々野球のグローブにも使います。

このオイルが優れているところは、伸びがよく
直ぐになじむことです。

そして、何回か塗るだけで、革にこしと
ハリが出てきます。

そうすると、汚れてきたなと思う頃に、
MINK OILで、汚れを取りながら、しっかりと
塗りこみます。

すると10年以上も履き続けていても
ひび割れ一つありません。

是非あなたも、「MINK OIL」は一缶持っていると
便利ですよ。

まとめ

ミニマリストが、持ってなければいけない
マインドの一つに、

 

「ものを大切にする」

が必要ですよね。

そのためには、少し手間をかけてあげましょう。

そうすることで、かならずそれに見合った
ものが帰ってきますよ。

私は、この靴を履き続けることで、
色々な思いでをこの靴からもらいました。

あなたも、良い靴を大切にして、良い思い出を
作ってみてはいかがですか?

『ミニマリスト万歳!!』

スポンサーリンク

 - ミニマリスト