お役立ち情報サイト ”のぶログ”

すっきりした住まいが魅力のミニマリスト。キッチン!

   

ミニマリストが、きれいに整理するのは
リビングだけではないですよね。

女性にとって、キッチンはミニマリストとしての
腕の見せ所です。

そんなキッチンは、収納が多いので、ついついものが
増えたり、使わないものがそのまま置かれていたりします。

そこで、今回は、キッチンの整理について、考えていきます。

ここにも、英国の主婦に見習った方法もこっそりお伝えします。

キッチン収納整理

まず、キッチンの整理で一番大切なのは、

そして、それを継続することです。

これって、結構難しですよ。

気づくとポットが出ていたり、包丁スタンドが出ていたり・・・・
これを見えないように片づけるところから始めましょう。

目の前が片付いたら・・・

キッチンには、扉がたくさんありますよね。

そんな中で、ほとんど開けない扉はありませんか?

中には、あまり使わない鍋やビンが引っかかって
開かずの扉になんてなってませんよね。

毎日使っているキッチンだから、ついつい、
整理が後回しになったいませんか?

しかし、毎日使っているキッチンを定期的に
整理しようとあまり考えないのが普通です。

年末に、一斉にすべてをきれいに整理しよう!
なんて考えたって無理ですよね。

そこで、次のように考えるといいそうです。

スポンサーリンク

細かく分けて、定期的に整理しよう

定期的といっても、一度に同じことをするのではありません。

同じ台所でも、汚れ方や整理が崩れる度合いが違います。

そこで・・・

1か月に1度チェックするところ

3か月に1度チェックするところ

6か月に1度チェックするところ

を決めるのです。

1か月に1度チェックするところ

 

チェックの期間を決めるのは、食べ物からの距離で
考えるとわかりやすいです。

出し入れが多く、1か月に一回はチェックしたいのが、

油、インスタント食品や缶詰などの食料を買い置き
する場所です。

ここは、1か月ごとにチェックして、何が足りないか?
も確認できます。

また、チェックの時に気を付けたいのが、ものを
重ねて収納しないことです。

この画像でいうと、下の棚ではなくて、上の棚です。

並べておくことで、不足しているものも一目でわかります。

もし、空間がもったいないと思うなら、彼氏か旦那に
もう一段棚を作ってもらうのもいいですね。

食料品の買い置きは1か月くらいがちょうどいいです。

3か月に1度チェックするところ

食料品に次に近いものとしては、調理道具や
カトラリーです。

きれいに、入れていたつもりが、いつしか、
スポーンとフォークが入り混じったりします。

また、意外とほこりもあったりします。

しかし、毎月チェックするほどではないので、
3か月程度がちょうどいいでしょう。

カトラリーや調理器具のチェックとともに、
来客用のテーブルクロスやランチョンマットも
一緒にチェックしておくと、突然のお客様にも
対応できますね。

6か月に1度チェックするところ

 

最後に、普段使わないもののチェックです。

我が家では、めったに使わない大皿やビネガー
に付け込んだ野菜なども、ついつい忘れがちに
なってしまします。

それも、一斉にチェックすることで、日の目を
みることができます。

また、6か月に一度チェックすることで、その
存在を再認識することができます。

ミニマリストで、「忘れ去られたもの」
これが、一番のくせものです。

忘れ去られたものは、整理されることもなく
空間を占領します。

まとめ

いかがでしたか?

 

ミニマリストとして絶対に忘れてはいけない
「清潔感」

キッチンでは、特に大切です。

基本の「ものを出さない」

ある料理研究家は、炊飯器を使うたびに
片づけて、視界に入らないようにするそうです。

炊飯器は、よく使いますが、かなり存在を
主張するキッチン用品です。

これを片づけることで、そのほかのものも
片づけるきっかけになるそうです。

今回は、1か月、3か月、6か月の目安をご紹介しましたが、
あなたなりのルールを作ってくださいね。

そして、この計画的なチェックに忘れてはならないのが、
そのチェック日をカレンダーに書き込むことです。

計画が立てば、ミニマリスト キッチン編は、50%できた
も同然ですね。

キッチンが美しくなると、きっとおうちの中が
明るく、そして、あなたも美しくなることでしょう。

もし、キッチンの担当が彼氏や旦那さんだったら?!

きっと彼女や奥様が美しく、明るくなるでしょうね。

”ミニマリスト 万歳”

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ミニマリスト