お役立ち情報サイト ”のぶログ”

ミニマリスト 男の持ち物。iPhone画面の整理 ”こんな方法あったんだ!”

   

あなたのiPhoneを見てください。

アプリがあふれ、必要なアプリを探すときは、
何回も左右にスクロールして
やっと、アプリにたどりついていませんか?

この間、何秒かかってますか?

電車なら、乗り遅れます!
その結果、待ち合わせに間に合わない!

何てこと起こってませんか?

これでは、不要な時間を最小限にする
ミニマリストにとっては失格です。

だからと言って、必要なアプリはたくさん
ありますよね。

そこで、今回、私がやっているiPhoneの画面設定
を紹介することにしました。

すでにたくさんの人もやっていると思いますが、
私もやってみてあらためてその便利さを実感しました。

おいおい!それはおかしい!

といわれるかも知れませんが、
そうなんです。

私は、現在82個のアプリを入れています。
ミニマリストとしては、ちょっと多いか?

しかし、これは、私の生活では、必要最小限です。

それでは、どうするか?

スポンサーリンク

断捨離

以前は、もっとありました。

100以上は入れていたと思います。

しかし、今回この方法をやると、
同じようなアプリを入れていることも
判明し、82まで減らすことができました。

まず、明らかに使っていないアプリは
捨てましょう。

まとめる

ここからが、iPhoneの優れているところ!!

まず、

1.分類分け

最初の画面で、同じような分類か?
と思われるものを見つけます。

ここでは、いくつに分類する?なんて
考えなくてもいいのです。

2.移動

 

同類のアプリを見つけたら、
アプリのアイコンを長押しすると
あなたも”プルプル”と震えて、移動、削除
が可能となることはご存知ですよね。

 

そして、分類が同じかな?と思ったものに
移動して、合体させましょう。

合体の方法は、一つのアプリのアイコンの
上に移動し、指を話すだけです。

そうすると、iPhoneが勝手に、分類名
を決めて表題をつけてくれます。

この機能は驚きです!

ここで、上の画像の右下の
「便利ツール」を
見てください。

8個のアプリをまとめていますよね。

これが9個になると、このまとめた
ものが、さらに隠れてしまします。
そうするとまた、スクロールが
発生します。

できるだけ、一つにまとめるのは、
8個までにしましょう。

これを繰り返し、画面一つになるように
したのが、

これです。

どうです。

ここに82個のアプリがあります。

この画面からすべてのアプリに
アクセスするので、とっても
分かりやすいです。

仕訳けた当初は、アイコンが
小さくて、

「なんか見にくいな~」
と思っていました。

しかし、すぐにまとめた場所を
覚えると、目的のアイコンに
直ぐにたどりつけるように
なります!

この画面(iPhone7 Plus)では、
横に4個  縦に6個で、
24個の分類が可能です。

24 × 8 = 192個!

下のホームエリアの4つを
除いて、192個のアプリを
第一画面に集約できる計算です!

まとめ

スマホのアプリは、日々増えるばっかり!

そんなアプリも、賢く断捨離!

まとめることで、時間も短縮できる!

この方法は、やってみると本当に
やってよかった!

と思えたミニマリスト活動のうちの
最近の一押しです。

この情報が、あなたの役に立てればうれしいな~

”ミニマリスト 万歳!”

 - ミニマリスト