お役立ち情報サイト ”のぶログ”

ミニマリスト の男性は、できる男! その持ち物は?!

   

できるビジネスマンの特徴は?

あなたの周りのできるビジネスマンを
思い出してください。

仕事が、できる上司でもいいです。

何か気づくことがありませんか?

デスクの上は、どうでしょう?

単に片付いているだけでしょうか?

本当にできるビジネスマンの特徴は、
ずばり!

今回は、できるビジネスマンの持ち物をミニマリストの視点から
紹介しましょう。

スポンサーリンク

カバン

できるビジネスマンで、はち切れんばかりの
ビジネスバッグを持っている人は、まずいないでしょう。

 

カバンすら持たないできるビジネスマンもいますよね。

なぜ、彼らがカバンを持たずに入れるのか?

仕事をしないからではありません。

若かりし頃に、できる上司に、

「なぜ、何も持たずに会社に来れるのですか?」
と聞いたことがあります。

その答えは、

「一体、何を持ってきているのか?」
と逆に聞かれました。

そうです。別に、持ってこないように
しているのではなく。

必要なものを持ってこようとすると、
手ぶらになった。

ただそれだけです。

ここで、ミニマリスト的にいうと、
「必要なもののみを持つ」

ミニマリストの極意といえるでしょう。

必要なものと、必要でないものを明確に
分けることができる。

これが、できるビジネスマン。

できる男の条件です。

財布(さいふ)

 

どんなにできるビジネスマンでも
財布を持たないわけにはいきません。

それでは、どんな財布を持っているのでしょうか?

これまで見てきた、できるビジネスマンは
ほとんど、黒の長財布です。

しかも、極めてシンプルで、薄型です。

私の経験では、ほとんど、二つ折りの財布を持っているのを
見たことがありません。

これもわけがあります。

二つ折りは、どうしても厚みがでることから、
背広の内ポケットには、入れにくいのです。

二つ折りの財布を持つと、ズボンのポケットに
入れるにしても不格好になります。

それを避ける場合は、カバンを持つ必要がります。

つまり、長財布でないと、不要なカバンを持つことに
なるのです。

すべてが、この

「必要か、必要でないか」
で判断しています。

スポンサーリンク

時計

できるビジネスマンでよく見かけるのは、
腕時計をしていないビジネスマンです。

最近は、スマートフォンを持っていると
時間を確認することができます。

しかも、スマートフォンの時間は、秒単位
で、ずれません。

そうなると、腕時計は不要です。

ファッションの一部としての腕時計
をつけることがありますが、それは私生活
でのこと。

ビジネスでは、不要です。

書類

ビジネスをするうえで、書類は、絶対必要です。

しかし、その書類でさえもほとんど持たない。

それって・・・・・と思う人もいるでしょう。

しかし、一度読んだ書類で、もう一度見る書類
は、本当に一部です。

一度読んだ後に、次にいつこの書類を必要とするか?

少し考えましょう。

次に使う時が考えられなければ・・・”ポイ”

潔く捨てましょう。   いや、シュレッダーです。
もし、気になるようであれば、スキャニングしてから、
”ポイ”です。

これも、書類の断捨離!

まさに、ミニマリストです。

メール

日々、増え続けるメール。

未開封のメールが10や20通は平気でそのまま、
帰っていませんか?

なぜ、そうなるか?

呼んだ瞬間に判断するのです。

書類と同じです。 次に見ることがあるかで考えているのです。

ほとんどのメールは二回見ることはありません。

できるビジネスマンは、その判断を常にやっているのです。

だから、メールがたまらない。
だから、メールに即答できる。
だから、仕事が早い。

つまり、できる!となるのです。

残業

 

これも、
必要以上の残業は、”絶対にやらない”

この徹底です。

できるビジネスマン程、早く帰っていませんか?

だらだらと、答えの出ない会議をとても嫌っていませんか?
なぜなら、その時間が不要なのです。

仕事の効率がいいと残業の必要がないのです。

まさに、できる!

そして、夜の時間は、情報収集やリラックスに使っています。

できるビジネスマン、できる男は、こうしてできているのです。

まとめ

いかがでしたか?

 

できるビジネスマンは、
究極のミニマリストです。

つまり、ミニマリストを極めると
できるビジネスマン、できる男になれる可能性が
非常に高いのです。

これから、できる男、できるビジネスマンに
なろうとしているあなた!

リビングやキッチンの中でのミニマリスト
から、外へ出て、ビジネスの中での
ミニマリストを極めてみてはどうでしょう。

ミニマリストを極めることができた時の
見返りは、予想をはるかに超えた大きな
ものになること間違いなしです。

キーワードは、
『必要か、必要でないか』これを究極に突き詰め
徹底すること。
この実践です。

このブログを読んだあなた!

成功はすぐ目の前にあります。

次はあなたの番です。

あなたの成功を心より応援しています。

”ミニマリスト 万歳”

スポンサーリンク

 - ミニマリスト