お役立ち情報サイト ”のぶログ”

ロキソニンの効果がでるまでの時間は? 腰痛、筋肉痛にも効果絶大!

      2016/03/31

頭痛、鎮痛剤といえば、ロキソニンが最近主流になりつつありますが、ほかにもバファリンやセデスがありますよね。
なぜ、ロキソニンが人気なのか、バファリンとセデスとの比較から、ロキソニンの効き目に付いて調べてみました。
4987107610867yjimage4987087035469_7

スポンサーリンク

ロキソニン、バファリン、セデス 何が違うの?

鎮痛剤は、どれも同じだ!という人がいますが、大きな間違いです
まず、成分が違います。

鎮痛成分として
ロキソニンは、ロキソプロフェンナトリウム水和物
バファリンプレミアムは、イブプロフェン+アセトアミノフェン
普通のバファリンは、アスピリン
セデスは、アセトアミノフェン・無水カフェイン・エテンザミド

化学名で言われても良く判らないと思いますが、それぞれ違うということを覚えておいてください。
一番知りたいのが、その効き目ですよね。

効き目の大きさは、 ロキソニン>バファリン>セデスです。
特にロキソニンの成分のロキソプロフェンは極めて安全性が高く、効き目も良い解熱鎮痛薬です。
お医者さんの処方薬としても使われているほどです。但し、個人の体質で合う合わないがありますので、
効果が出ないような場合は、お医者さんか薬剤師に相談することをお勧めします。

それでは、ロキソニンの効果と気になる副作用についても見ていきましょう。

ロキソニン(市販薬)の効能は?

頭痛、月経痛(生理痛)、歯痛、抜歯後の疼痛、咽喉痛(のどの痛み)、腰痛、関節痛、神経痛、筋肉痛、肩こり痛、耳痛、打撲痛、骨折痛、ねんざ痛、外傷痛の鎮痛、悪寒、発熱時の解熱となっています。

ロキソニンの鎮静効果が現れるまでの時間は?

個人差があります が、服用後 約15分で20~50%の人に、30分~60分で70%以上の人に鎮痛効果が現れます。
服用の間隔は6時間ぐらい空けたほうがいいですね。

痛みに良く効くロキソニン

重い生理痛や頭痛、腰痛に良く効きます。また、鎮痛剤全般に言えることですが、肩こりや歯痛にも効果が得られます。但し、腰痛も神経系の痛みに対しては効果が出ない場合がありますので注意が必要です。また、風邪のときののどの痛みにも、意外なほど効果があります。

ロキソニン自体、お医者さんも処方されます、若干違いはありますが、基本成分は変わりません。
2011年からロキソニンは市販薬として販売されるようになりましたが、今でも多くのお医者さんでも使われています。

スポンサーリンク

副作用は無いの?

ロキソニンは、基本的には副作用が少ない医薬品ですが、以下の副作用が発症する場合があります。

むくみ、眠気、腹痛は、腎臓の機能低下です。

特に、腎臓機能の低下がありますので、服用時は、飲酒は避けましょう。

効能書きにない効果は?

風邪やインフルエンザになったとき、解熱剤としてロキソニンの効果が発揮されます。
ただし、発熱により細菌を死滅させることを考えると、解熱により症状が長引くこともありますので慎重に服用しましょう。

また、ロキソニンには、消炎作用はありません。あくまでも鎮痛、解熱が本来の機能なので、外傷や炎症がある場合は、別途治療が必要です。

鎮痛作用がありますが、腹痛に対しては効果が期待できません。
胃腸への負担の少ない鎮痛剤と知られている、ロキソニンですが、大量に服用すると逆に腹痛の原因になる場合があります。
強い痛みを感じる場合には、医療機関での受診をお勧めします。

肩こりの効果について
効能書きにも書かれている肩こりですが、意外と知られていません。
よく効きます。但し、これも肩こりを治すものではなく肩のこりの痛みを和らげる効果です。
しかし、肩が痛くて眠れないときには、効果があり、結果的に良く眠れて肩がほぐれることにつながる場合があります。

ロキソニンよりもさらに鎮痛効果の高い薬は無いのか?

ロキソニンよりも鎮痛効果がより高いボルタレンがありますが、胃腸障害のリスクが大きくお勧めできません。

ロキソニンまとめ

ロキソニンは、とにかく市販薬の中でもかなりよく効く鎮痛薬です。 また、安心して飲むことができますので、一家に一箱常備しておきたい薬の一つです。

但し、少ないといえども副作用もあるので、効能書きをよく読んで正しく服用することが大切ですね。

スポンサーリンク

 - インフルエンザ, 頭痛