お役立ち情報サイト ”のぶログ”

更年期によくある頭痛の症状と対策

   

更年期になると、頭痛や頭が重いなどの不快感を訴える人は少なくありません。
こめかみや頭を締め付けるような痛みや生理前後のズキンズキンと脈を打つような痛み。
このような、たび重なる頭痛に悩まされことが多くなります。
gatag-00004440[1]

更年期の時期によくみられる頭痛は、検査をしても異常がない「緊張型頭痛」「片頭痛」「生理に伴う頭痛」が多くみられます。

スポンサーリンク

緊張型頭痛

緊張型頭痛の症状は人によってさまざまですが、頭全体やこめかみを締め付けるような痛みや、頭痛とともに首や肩の痛みやコリをともなうのが特徴です。
緊張型頭痛は疲れやストレス、眼精疲労などによっておこります。
また仕事などで緊張状態が長く続くことも原因といわれている頭痛です。

片頭痛

片頭痛は、神経伝達物質セロトニンの分泌が低下し、血流が滞って痛みの物質がたまることでおきるといわれています。
ズキンズキンと脈を打つような痛みがあり、光や音に敏感になり、吐き気をともなう事も珍しくありません。
片頭痛の場合は痛みが増強していくので、市販薬や鎮痛剤を飲んでも治らない、何度も繰り返すような、習慣性の頭痛になっているようなら、頭痛外来、脳神経外科などを受診しましょう。
片頭痛によく効く薬がありますので、急な片頭痛に襲われた時に対処できるようにしておきましょう。

生理に伴う頭痛

生理の前後や生理中におこる頭痛は、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌量が減って「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が増加することによるホルモンバランスの変化によっておこります。
このような生理にともなう頭痛には痛みをとり、血管の正常な収縮を促す薬を使用します。
また女性ホルモンのバランスが悪い場合には低用量ピルなどのホルモン剤を使うこともあります。

日常生活で気を付ける事

肩こりをともなう緊張型頭痛は血行を促し温めることが大切です。
肩や首の筋肉の緊張が、頭痛の原因と思われる時は、肩や首を温めるようにしましょう。
水で濡らしたタオルを絞り、電子レンジで約1分温めます。
熱いタオルの温湿布は凝り固まった肩や首の血行を促進してくれます。

更年期になると、眼球を支えている筋肉ば衰えてきます。焦点を合わせる水晶体のコラーゲンも減少し、目が疲れやすくなり、小さな文字が見えにくくなります。
眼精疲労は頭痛を誘発するため、長時間のパソコン・テレビ・携帯の凝視に注意しましょう。

更年期は筋肉の衰えとともに、関節もしだいに硬くなっていきます。日々の生活のなかに運動を取り入れましょう。
運動することによって血行が促進され、肩や首の凝りを取り除き、頭痛を解消してくれます。
運動が苦手な人にはストレッチがおススメです。
ストレッチは特別な道具も必要ありません。夜寝る前、入浴後に凝りを感じている部分の筋肉や関節ををゆっくり引っ張ったり、伸ばしたりしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

閉経を迎える、40代後半から50代前半にかけて、頭痛に悩まされる人は多いです。頭痛は更年期障害における代表的な症状の1つです。日常生活のなかで自分で出来ることを取り入れ、症状が悪化する前に、早めの対策を行いましょう。

スポンサーリンク

 - 更年期