お役立ち情報サイト ”のぶログ”

柑橘類アレルギーの症状とは?舌がしびれたり 汗がでたら要注意

   

オレンジやグレープフルーツを食べると、喉の奥が痒くなったり、イガイガしたり、口の周りが荒れてしまったことはありませんか?
卵や小麦、そばなどのアレルギーはよく知られています。しかし、アレルギー症状をおこす人の中には、柑橘類を食べてアレルギー反応をおこす場合があります。
もし、柑橘類を食べて喉や皮膚に痒みや腫れの症状がでたことがあるなら、それは、もしかしたら、意外と知られていない『柑橘類アレルギー』 かもしれません。

lemons-677717_960_720[1]

柑橘系アレルギーの症状

ある特定の果物を食べると、約15分以内に唇や舌のしびれや腫れ、痛み、喉の奥がイガイガと痒くなる。口の周りが痒くなることもあります。
柑橘系アレルギーの主な症状は、主に口腔アレルギー症状がでてくることが多いです。オレンジは、イネ科のカモガヤの花粉症と交差抗原性があります。生のオレンジを食べたりすることで、口腔アレルギー症状が現れます。(交差抗原性とはある食物(抗原)に対する抗体が、他の食物(抗原)と反応(結合)すること)
特に小さい子供は、「喉が痛い」「痒い」「舌が気持ち悪い」「苦い」「口が気持ち悪い」などの訴えかたをすることもあります。
場合によっては皮膚や粘膜にじんま疹が出たり、体の一部に赤みや湿疹・痒み・ほてりなどがでることもあります。その他、目や鼻の痒み、さらには腹痛、吐き気、下痢などの消化器症状を起こすこともあります。
最悪の場合、気管支喘息を誘発したり、汗が出てきてたり、急激に血圧が低下するアナフィラキシー反応(急性の全身性の即時型アレルギー反応)を起こすこともあります。このような症状を引き起こした場合は、生命の危険に繋がる危険性があるので、すぐに救急車を呼ぶようにするなど注意が必要です。

スポンサーリンク

柑橘系アレルギーをおこさないためには

アレルギー症状を起こす果物を食べないようにすることが基本となります。
症状が軽いからといって食べ続けると、次第にアレルギー症状が強くなることもあるので注意が必要です。
特に、赤ちゃんの離乳食にフルーツを食べさせる際は(食物繊維が豊富に含まれていると言われるみかんは、生後5~6カ月の離乳食初期の赤ちゃんにも与えて良いとされています)最初の一口はアレルギーが出にくい、一度加熱した状態にして飲ませてあげるのがオススメです。
スプーン1杯の少ない量からはじめ、様子を見ましょう。飲んだ後に口の周りや口の中が赤くなっていないか?痒そうにしていないかをよく観察するようにしましょう。そしてお腹を壊さないか様子をみるようにしましょう。
その他、柑橘類の汁が手につくと痒くなってしまい手を洗わないといけない。という経験をしたことはありませんか?柑橘類は肌に刺激をあたえます。冬至の時にゆず湯に入ると、体がピリピリして痛くなったことはありませんか?柑橘系の入浴剤にも注意が必要です。
同じ意味で柑橘類のアロマのは皮膚を刺激することがあります。入浴で使用するのではなく、芳香浴で楽しむようにしましょう。
また化粧品の中にも柑橘系の成分が入っていて柑橘系アレルギーを発症する場合もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

柑橘系アレルギーが出た場合、皮膚的な症状がでた時は、まずは皮膚科などの専門医を受診するようにしましょう。その際、何を食べて、その後どのような症状が出たかを伝えるようにしましょう。そしてアレルギー検査をして柑橘類のアレルギーが原因だったかを調べてもらいましょう。呼吸器系、喘息系の症状が出た場合は、呼吸器内科、内科などの専門医を受診しましょう。
いずれにしても、アレルギーの対策には何が原因かをつきとめるのかが一番の治療になります。

スポンサーリンク

 - アレルギー