お役立ち情報サイト ”のぶログ”

生まれながらのミニマリスト。英国人のリビングと秘訣を徹底公開!

      2017/03/30

家庭を持ってるミニマリスト。

こっそり始めたミニマリストの奥さん。
奥さんに黙って、ミニマリストを始めた旦那さん。

独り者のミニリストのように、究極のシンプルライフは
できないけれど、すっきり無駄なく暮らしたいですよね。

そんなあなたも手本になるのが、英国人なんですね。

スポンサーリンク

英国人は、なぜものを大切にするのか?

 

昔から、英国人は、良いものを数少なく買って、
長く大切に使うといわれています。

それは、どこからきているか?

色々調べてみると、イギリスの不動産や
アンティークの価格に基づいていると思います。

イギリスでは、高額な借金をしてでも、持ち家を
買うという風習があります。

それは、不動産への投資に危険がないからです。

日本では、新築のマンションや分譲を購入した場合に
土地の高騰でもない限り、土地の上屋つまり家の部分の
資産価値は下落していきます。

しかし、イギリスでは、地震もないことから、土地の上屋
の資産価値がほとんど落ちません。

むりろ、新築の物件は作りがしっかりしているか?が、住んで
いないので不明として、中古の不動産のほうがしっかりとした
値段がつけられるのです。

日本では、年齢とともに、住居への不安が増えていきますが、
イギリスでは、不動産を持っていれば、財産は時とともに資産価値
がぞうかすることで、資金が必要になると引越しをすることで、
資金を調達することができます。

つまり、長く使うこと自体が、文化になっているのです。

文化だけでなく、価値自体も変わらない。

むしろ、買った時よりも手を加えて、資産価値をより上げて
売ることができるのです。

英国人は、ミニマリスト

 

さて、ミニマリストの話に戻ると、ものを大事にする
英国人は、余分なものを買わない。 持たない。

買ったものを大切に使う。

まさにミニマリストの鑑のような国民です。

あなたも、イギリスに行く機会があれば、街並みや
不動産を見て回ってみてください。

古い町並みが、しっかりと使われています。

家の中についても、常にきれいに使われています。

ある程度以上の家庭では、お客様を招くと、
家の中をくまなく案内し、紹介してくれることが多いのには、
驚きます。

日本では、ベッドルームを見せることなど、めったにありません。

それどころか、絶対に見せない!

と言われても別に、違和感を感じません。

ここにも、ミニマリストとしての原点がありました。

ミニマリストの原点

 

日本のミニマリストは
どこか、ひっそりと静かに
何もない部屋で静かにしているイメージが
ありますよね。

しかし、英国人は、

「誰かに見てもらう」

「誰に見られても恥ずかしくない」

常に、きれいな状態を維持する。
これが、英国人のリビングルームや
ハウスキーピングのやり方です。

そして、具体的にそのやり方ですが、非常に簡単で
単純なやり方です。

ハウスキーピングの秘訣

 

『汚れたところ、散らかしたところを時間を置かずに
片づける』

こういうことです。

料理をするときも、同じです。

汚した調理器具は、その都度洗って、
片づけてしまいます。

料理が完成したときは、キッチンも片付いている状態です。

なんと素晴らしいことでしょう。

常に片付いた状態。これが、ミニマリスト、シンプルライフ
の一番大切なところです。

片付いていれば、不要なもの、不足しているものが
一目瞭然(りょうぜん)ですね。

これなら、ちょっと頑張ればできる気がしませんか?

急に奥さんがこれを始めると、旦那さんに
「どうしたんだ、せわしないな~」

といわれるかもしれませんが、しばらく続けると
きっと、旦那さんも散らかっているのが嫌になります。

そうなれば、リビングをはじめ、家の中が、
いつも、きれいになります。

きっと、心の余裕も生まれ、夫婦円満にも
なるのではないでしょうか?

まとめ

英国人の暮らしを調べていると
ミニマリストが理想としている
考え方がそこにあるように思えます。

 

しかし、英国人の良いところは、
それをミニマリストであるとの自覚は
ありません。

自然に、そしてきれいにやっているのです。

英国人は本当に素敵です。

しかし、個人的には、天気が悪く、
物価がものすごく高いイギリスに
住みたくはないかな~

”ミニマリスト 万歳”

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ミニマリスト