お役立ち情報サイト ”のぶログ”

アロマオイルを部屋で使い風邪やインフルエンザを退治しよう

      2016/03/31

毎年猛威を振るうインフルエンザ。予防接種を受けたのに今年もかかってしまった。という人も多いでは!?インフルエンザや風邪の予防には手洗い・うがい・規則正しい生活が一番ですが、アロマオイルでインフルエンザを予防することが出来るのをご存知ですか?風邪やインフルエンザが流行っている時期、外から帰って来たらアロマオイル使ってみませんか?
b880af077b3e186030f73841c9ba8978[1]
https://topicsfaro.com/aromadaietto.html

アロマオイルはどのように体に効くのか
人は香を楽しむとき、香りの分子は呼吸と一緒に鼻や口から喉を通り、気管や気管支炎、肺へと入り粘膜から血管壁を通り吸収されます。香りの成分は各気管で分解され最終的には体外に排出されます。精油には抗菌作用や殺菌作用があるので、吸入することで喉や気管をクリーンに保つことができます。インフルエンザや風邪がはやる時期には部屋やベッドサイドに精油を香らせるだけでも十分にこのはたらきは期待できます。
出典:アロマテラピーの辞典

スポンサーリンク

おススメの精油

ティートリー

【抗菌・殺菌・抗真菌・抗ウイルス・鎮痛・免疫力アップ】
風邪の引きはじめ、喉の痛みなどにもききます。体や空間をクリーンに保つ働きがある。安全性も高く、ラベンダー油と並んで家庭でいろいろと使える精油です。細菌・真菌・ウィルスを殺す作用があるので、インフルエンザやO-157などが流行る時期に心強い味方になります。免疫力をアップさせる精油なので入浴や吸入・アロマディフーザーなどで部屋に拡散させると効果的

ラベンダー

【鎮静・鎮痛・鎮痙・殺菌・抗炎・抗真菌・抗菌・血圧降下・通経】
安全性が高く、子供から大人まで安心して使用できます。空気を浄化する作用があり、呼吸器系や頭痛にも効果が期待できます。気管支炎、喘息、風邪、喉頭炎、感染症のような障害に効果があります。抗ウイルスの特性で感染症にかかりにくくさせる。また、リラックス作用もあるため就寝前の入浴に使ったり、寝室に淡く香らせるものおすすめ。

ユーカリ

【去痰・抗カタル・殺菌・抗菌・抗ウィルス・抗真菌・血行促進】
この精油の殺菌力は強力です。2パーセントに薄めてスプレーすると室内のブドウ球菌が70%殺菌されるという報告もあります。室内をクリーンに保つために、風邪のはやる時期には部屋に香らせるとよいでしょう。吸入で使用したり、マッサージオイルを喉や胸、背中に擦りこむと、呼吸器系をクリーンにして咳や鼻づまりをすっきりします。花粉症の人にもおすすめ。

レモン

【殺菌・抗菌・抗ウイルス・健胃・利尿・免疫力アップ】

空気を殺菌浄化するさわやかな香りです。だれにでも好まれる香りでルームフレグランスをつくるものおすすめ。レモンの消毒特性が咽喉痛、咳、風邪を改善する。体温を下げる作用があるので、発熱を伴う風邪に効果的。インフルエンザがはやる季節には樹の香りと、気分をすっきりさせるためにハーブ系の精油とのブレンドもおすすめ。

家庭で使用するのに便利なアロマグッズ

アロマライト

明かりが灯ると室内に優雅の光が浮かび上がる電気式で寝室にも安心

オイルウォーマー

コンセントに直接差し込んで使える安全なタイプ。寝室に最適

アロマディフューザー

精油の成分・性質を変えることなく細かい霧状に分解し空気中に拡散。空気の浄化・洗浄に最適

キャンドル式アロマバーナー

キャンドルの温もりを感じられる。インテリアとしても。小さなお子様には注意を。

スポンサーリンク

まとめ

アロマテラピーは誰でも手軽に簡単に家庭でも出来るものです。職場や学校でインフルエンザが流行りだした。家族の誰かがインフルエンザにかかった。そんな時には上記の4つの精油のうち、好みの精油をお守りがわりに1本常備しておくと安心。アロマグッズが家にない場合はティシュに1・2滴垂らしてベッドサイドに置いても効果があります。気軽に楽しみながら健康を維持出来たらいいですね。

スポンサーリンク

 - インフルエンザ, 花粉症