お役立ち情報サイト ”のぶログ”

40代以降の女性がイライラするのは更年期のせいかも?

      2016/04/26

最近ささいなことでイライラして物や人に当たってしまい後で後悔する。
ちょっとしたことでも感情を抑えられなくなるといったことがありませんか?
もしあなたが40代に入っていて、無性にイライラすることが増えたと感じているのなら、もしかしたら、これは更年期障害の症状かもしれません。

gatag-00006667[1]

ささいな事でイライラしたり、感情を抑えられなくなるといった症状は更年期世代の女性の訴えのなかでも特徴的な症状の1つです。
女性は卵巣から卵胞ホルモンを分泌していますが、イライラしたり感情を抑えられないなどの症状は40代以降、卵巣ホルモンの機能の低下と共に分泌状態が急に変化することによって起こると考えられています。

また、卵巣ホルモンの分泌のコントロールをしている脳の視床下部は、自律神経をコントロールをしています。
怒り・イライラ・不安・悲しみ・喜びなどの感情を作り出すホルモンの分泌と密接に関連している、卵巣ホルモンの分泌が急激に変動する事によって、精神的にも不安定になって落ち込んだり、興奮しやすくなるというわけです。

それに加えて、40代以降は日常生活においてもさまざまな負担が重なることもあります。
たとえば、子供の問題、職場や地域での人間関係。夫や親族との人間関係など。
プレッシャーやストレスで常に緊張しがちになり、このような過度な緊張が自律神経のバランスを崩してしまう一因となっています。
緊張をほぐし、気持ちを安定させるためにも、リラックスできるようなセルフケアを積極的に取り入れていくようにましょう。

スポンサーリンク

食事編

気分の浮き沈みが激しくなりがちなことも更年期症状の特徴ですが、気分の浮き沈みは食生活で改善することもできます。
心の症状が強く出ているときは、神経に強い刺激を与えるタバコやカフェインはできるだけ控えるようにしましょう。
また糖質の多いお菓子やインスタント食品の摂りすぎは、血糖値が急上昇し、その後急降下するため気分の浮き沈みも大きくなります。
食事を食べるときには、はじめに野菜類を食べ、次に魚や肉類などのタンパク質をとり、最後にご飯を食べるようにすると、食事における血糖値の乱高下が抑えられます。
また、イライラしてストレスが溜まっているときには、積極的にビタミンCをとりましょう。
ビタミンCはストレス対抗ホルモンの合成に欠かせない成分です。
ストレスを受けている時は消耗が激しくなるため、意識して摂取するようにしましょう。
カルシウムやミネラルは気持ちを安定させる効果があります。
不足するとイライラがつのることになります。体内ではつくることができないので、食事などで積極的に取り入れましょう。

生活環境を見直そう

ストレスの原因の中には生活環境を見直すことで解決できることもあります。
自分の身の回りを確認してみましょう。
多くの物に囲まれ過ぎて生活していませんか?
物はあれば便利なことも多いのですが、時として物があることでストレスになる場合があります。
自分の身の回りで何年も使っていない物は、思いきって処分すると気持ちもすっきりします。
家の中が綺麗になり、片付くことによって考え方もシンプルになり、余計な事に振り回されなくなります。
また、家族や親の世話がある場合は、自分の時間が持てないとこがストレスになっている場合もあります。
まずは自分がすべてをやらなくてはいけないという思い込みを捨てるようにしましょう。
自分ひとりで出来ることには限界があります。
頑張りすぎて心身の調子を崩してしまっては、トラブルを増やすだけだと割り切るようにしましょう。
親の介護などの負担が大きい場合は介護サービスを受けるようにしましょう。お住まいの地域の市区町村で介護サービスを受けられるか問い合わせしてみましょう。

運動を取り入れましょう

体調がすぐれず、イライラしたり、落ち込んだりしていると、運動をする気にもなれないかもしれません。
しかし、適度な運動は健康増進はもちろん、血行をよくして自律神経の働きを改善して更年期のさまざまな症状を改善してくれます。
運動することにより更年期の症状が軽くなると、気持ちも前向きに明るくなり、精神的ストレス解消になります。
また、運動をすることによって、身体が疲れ、深い睡眠を誘うことになります。
更年期のホルモンバランスの崩れで睡眠が浅くなったり、眠れないなどの症状の改善にもつながります。
運動の種類はいろいろありますが、気軽にできるウオーキングなどがおススメです。
またヨガや気功、呼吸法などもリラクゼーションにつながり、緊張をほぐしてくれます。

スポンサーリンク

まとめ

40代以降の女性は、卵巣ホルモンの変動により、心身が不安定になることがあります。
更年期は卵巣の老化に焦る脳と身体の混乱期だととらえ、あまり頑張りすぎないことも大切です。
今まで出来ていたことがスムーズにできなくなるのも自然なこと・・・
今まで頑張ってきた自分に「この時期は少しゆっくりしてもいいんだよ」という気持ちを持つだけで、更年期に見られる、心や身体のエネルギー切れを、落ち着いて受け入れられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 - 更年期