お役立ち情報サイト ”のぶログ”

犬の熱中症対策グッズは?

      2016/04/10

夏場が苦手のワンちゃんの熱中症対策は万全でしょうか?
cffbf1b5fe97350fac4aff4431bb5177-e1374106251828[1]http://zapkun.net/wp-content/uploads/2013/07/cffbf1b5fe97350fac4aff4431bb5177-e1374106251828.jpg

スポンサーリンク

少しでも快適に過ごしてほしいと思うのは飼い主の犬への愛情ですよね。
そこで、ワンちゃんの熱中症対策グッズを紹介したいと思います。

室内での寝床をひんやり

原理は、アルミの板の上で、犬が接触している部分で熱を吸収し、犬が接触していない部分で熱を放出するので、ずっと使えます。
また、犬の体温より低くなることはありませんので、安心です。また、アルミ板なので、汚れたらざぶざぶ洗えて衛生的です。
P532285[1]
ひんやりアルミプレート
ヒンヤリグッズはいろいろあります。ゲルを使ったもの、メッシュになっているものとさまざまですが、体が接している部分全体から熱が吸収され、しかもその部分が熱くならないこのアルミプレートは本当に涼しいです。
試しに、乗ってみるとお尻が熱くならない!これは驚きです。

ほかの人のレビューを見ていても、少し滑りやすいことや、警戒心の強い犬がなかなかこのアルミプレートになれないなどの報告もありますが、一旦なれると、本来冷たいところが大好きなワンちゃんですから、好んで乗るようになるようです。

特に、散歩して、体が熱くなっているときなどは、おなかを付けて体の熱を取っているようです。

このプレートは、電源もいらないし、保冷材もいらないので経済的です。

ただし、体温よりも外気が高くなっている屋外での使用は意味がないので、やはり室内用と考えるべきでしょう。

ペット用保冷材

P531985[1]
ペット用保冷材
使い方はいたって簡単です。ペット用保冷材の袋に水を入れて、冷凍庫で凍らせるだけです。
氷の冷たさで熱中症対策です。

保冷材は家に置いておくと意外と嵩張るというイメージがありますが、こちらの商品は水を入れるまで大きくいので犬の熱中症予防に準備するのに最適です。

使用する前に、袋に水を混ぜます。この時にしっかりと混ぜることが大切です。保冷材の袋に入っているポリマー(高分子化合物)と水が完全に混ざっていないと、凍り方時に偏りが生じます。

また、そのままでは冷たいので、さすがに犬も嫌がります。 バスタオルなどを巻いてそばにおいてあげましょう。

ヒンヤリ感に慣れると、あごを乗せたり、気持ちよさそうにしますよ。

何度も使えて、しかも暑い夜などは、夜寝る前においておけば、朝までしっかり冷たいです。

唯一難点は、少し大きいので、冷蔵庫で冷凍するときに場所をとることと、曲がった形で冷凍するとしばらく溶けるまでは、その形が維持されることです。

スポンサーリンク

購入後に中のポリマーと水を混ぜる時にしっかり混ぜることと、冷蔵庫で凍らせる時に凍った時の形を考えて冷凍庫に入れることを考えることさえ守れば、保冷時間も長いし、夏の散歩の後の熱中症対策にとっても重宝しそうです。

冷却スプレー

9219798[1]
APDCクールミスト(冷却スプレー)125ml【プラザセレクト】

汗がかけないワンちゃんの体を冷やす方法の一つが体を濡らすことです。
体がぬれるとその気化熱で体から熱を奪ってくれます。
外での散歩のときなどは、公園で水をかけることもできますが、車での移動などでは、そうもいきません。
そんな時にこのスプレーが役立ちます。 しかも、さわやかな香りがあることで、蒸発の時に犬の臭いが気になりません。

愛犬が車での移動中に熱中症になることはよく聞きます。車内で、エアコンを聞かせていても、ハアハアと激しくパンティングを始めたら、スプレーをかけて体から熱を排出してあげて熱中症を予防してあげてください。

水+アロマを入れたスプレーボトルでも代用できるかも。

クールベスト

flf013-2[1]
クール特殊ファイバー使用クールベスト
使い方は、クールベストを水にたっぷりひたして、軽く絞るだけ!クールベストの裏側は、水を通さない構造になっているので、ワンちゃんの毛はぬれません。小型犬のお散歩の強い味方です。

冷却スプレーのように直接水をかけることに抵抗がある場合や、こまめにかけるのは面倒という方には、お勧めです。
水をたっぷり含んだベストからの気化熱で、体の熱を放出します。
夏の散歩の時に、体に直接日が当たらない上に、気化熱で涼しくしてくれる一石二鳥のベストだと思います。

しかし、暑い日は意外とすぐに渇いてしまうので、お散歩の時は一度公園などで、濡らすか、小さなペットボトルに水を入れておいて、ベストの渇きぐわいで濡らしてあげるのも必要でしょうね。背中から熱を発散できる良い商品ですが、水分がなくなったクールベストは、逆に体温の上昇の原因になりますので要注意です。

熱中症警報機

 

kurosu_33102660ku[1]
熱中症警報機「ナイトフラッシュ」
人よりも暑さに弱い愛犬を、愛犬の目線で見守ることができます。
温度と湿度を測定し犬の熱中症警戒度を4段階でお知らせします。警戒度が上がるたびに、光(点滅)と音(ピピピピ音)で知らせます。
光と音を選べ、LEDライトが順番に点滅します。
使い方は、お散歩時などに、首輪やリードの犬の姿勢に近いところに付けて使用します。
また室内で使用するときは、机の上などに立てて使用します。通常の温度/湿度計としても使用できます。

飼い主は、まず愛犬がどんな状況にいるかをしっかり理解することが必要ですね。
<関連記事:犬の熱中症対策は?

プール

kurorich_aku987[1]ワンちゃんプール
暑いときに、散歩から帰ったとき、お庭があれば、ぜひプールで遊ばせてあげてはいかがですか?
ただし、プールの水は、すぐに腐りますので入れ替えや使用後に洗って干す必要がありますので少し手間がかかります。

ワンちゃんにもよりますが、暑い時には、自らプールに入ってきます。とっても気持ちよくて楽しい表情を見せますよ!

◆まとめ◆

年々暑さが増す夏ですが、異常気象ともいわれ、体温を超える気温になる日が増えています。
犬にとっては非常に厳しい状況になってきています。そんな中、家族としてのワンちゃんに楽しく過ごしてもらうためには、飼い主のワンちゃんへの思いやりが必要です。見た目だけで服を着せたりするのではなく、犬本来の性質を理解し、おかれている環境を考え対応する必要があります。そうすることで、きっといい表情をしてくれますよ!

スポンサーリンク

 - 熱中症